주요 기사 바로가기

尹大統領、北朝鮮にコロナワクチン支援方針…「人道的協力と軍事安保は別」

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.14 10:49
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が、北朝鮮でコロナ感染状況が悪化していることに関連し、姜仁仙(カン・インソン)報道官を通じて「北の住民に新型コロナワクチンをはじめ医薬品を支援する方針」と明らかにした。姜報道官は書面ブリーフィングで「最近、北では新型コロナの大流行で感染が疑われる人が急増しているという。具体的な支援案については北側と協議していく予定」と伝えた。

13日午後、龍山(ヨンサン)執務室1階の記者室に姿を見せた尹大統領は、北朝鮮へのワクチン支援に関連して実務接触を提案するのかという質問に対し、「当然だ。基本的に統一部ラインを通して進める」と答えた。

政府のコロナワクチン支援方針について大統領室の関係者は「北は今日(在日本朝鮮人総連合会機関紙の)朝鮮新報を通じて独自の防疫体制を完備していると伝えたが、我々の支援は必要ないというメッセージとみることができる」とし「(ワクチン支援の立場発表は)人道的協力と軍事安保レベルの対応は別であり、北が望むものを明らかにすれば真摯に議論する準備ができているという意味」と説明した。

すなわち「支援する準備ができているので必要なら連絡してほしい」というメッセージと解釈される。現在まで北朝鮮側から支援要請がない状況で、国際機関の支援意思にも沈黙してきた北朝鮮が韓国に先に手を差し出す可能性は高くない。

前日に北朝鮮が東海(トンヘ、日本名・日本海)上に短距離弾道ミサイルを発射した直後に「慨嘆する」という表現を使いながら強く非難した韓国政府がワクチン支援の立場を明らかにしたのは「人道的協力と軍事安保レベルの対応は別」(大統領府関係者)という原則を再確認したとみられる。

これは米国とも軌を一にする。米ホワイトハウスのサキ報道官は12日(現地時間)の定例記者会見で「北朝鮮は不法な核と弾道ミサイルプログラムを開発するのに資源を転用している」と批判しながらも、「最も脆弱な北朝鮮住民に人道的支援を提供しようという国際的な努力は引き続き支持する」という立場を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP