주요 기사 바로가기

FT紙「北朝鮮、新型コロナ封鎖政策が崩壊する…医療・貧困の根本的限界」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.06 09:38
0
北朝鮮が2年間強力な封鎖で新型コロナを縛っているが、中国の最近の感染拡大から分かるように、このような政策が限界に達するだろうという専門家の警告が出ている。フィナンシャル・タイムズ(FT)は北朝鮮はパンデミック(大流行)を避けたと主張するが、封鎖による貧困増加などさらに根本的な危機が迫ることができると5日報道した。

北朝鮮は新型コロナ発生初期から国内移動を制限するなど強力な孤立政策を行っている。最近では労働新聞を通じて「警戒心を持って防疫規則を遵守せよ」と再度強調した。また、対外的にただ一件の新型コロナ感染者もいないと主張した。

しかし、FTによると、北朝鮮で勤めたハーバード医大のキーバク講師は封鎖政策がいつかは限界に直面するだろうと指摘する。また「長期的な封鎖は北朝鮮住民の貧困増加、医療システムの悪化、人道的支援不足による死亡者を増やし、新型コロナ死亡者数を凌駕する可能性もある」と懸念を示した。

北朝鮮の封鎖政策は貧弱な医療システムでやむを得ない選択という見解もある。アンドレイ・ランコフ教授は「数十年間人口の移動を統制してきたため、封鎖政策を使うことに最も適合した国だ」として「政治的抵抗なしに国境を閉鎖することができ、もし発病すれば多くの人が劣悪な医療システムにより死亡すると予想されてそのようにすることができただろう」と話した。

北朝鮮は新型コロナ発生以来、中国・ロシアと国境を封じ込めたのはもちろん、外国外交官と救護要員まで国外に追い出した。これは対北朝鮮制裁に続いた干ばつや洪水と重なって経済をさらに悪化させた。2020年北朝鮮の国内総生産(GDP)は前年より4.5%減少し、1990年代飢饉以降最も大きな下落だ。

北朝鮮は新型コロナ予防接種プログラムも実施せず、世界保健機関(WHO)から提供されるワクチンも拒否した。ただし、キーバク講師は北朝鮮がアストラゼネカを拒否した点に言及し、ワクチンの効果・安定性に対する懐疑を反映したものと指摘した。また、「もし北朝鮮がファイザーやモデルナのようなワクチンを提供し、ブースターショットなど北朝鮮の人口に適合した十分な量を提供するといえば、答えは違うかもしれない」と指摘した。

米国国際戦略問題研究所(CSIS)も最近、報告書で北朝鮮が態度を変えられるいくつかの要因を提示した。中国と韓国の規制緩和、食糧危機の悪化、新しい変異ウイルスの出現などだ。

米シンクタンク「ニューイングランド複雑系研究所」の専門家は北朝鮮がどの選択をするといってもウイルスを永遠に防ぐことはできないだろうと分析した。また、「中国の(感染増加)事例は感染性が低いウイルスに効果があった作業がこれ以上有効でないという点を見せる」として「北朝鮮は(今まで)運が良かったが、結局運が尽きるだろう」と話した。

中国は新型コロナ発生以来上海など大都市を封じ込める「ゼロ新型コロナ」政策を貫いているが、持続的な危険に露出している。3月から封鎖に入った上海でも死亡者は発生し続けている。

米国立アレルギー感染病気研究所のアンソニー・ファウチ所長も中国の封鎖政策に対して否定的な立場を表明した。ファウチ所長は4日、米外交専門紙フォーリンポリシーとインタビューで「封鎖戦略は高齢者のような脆弱階層が適切なワクチンをうてるように時間を提供する一時的な措置でなければならない」として「だが、中国はそのようにしなかった。また(中国産)ワクチンも効果的でなかった」として「封鎖戦略を理解するが、目的が明らかでなければならない。その目的はウイルスが地域社会に入る『必然』に備えること」と指摘した

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP