주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「韓国人監督マジック」ベトナム、強豪日本と引き分け…初の最終予選で有終の美

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.30 07:55
0
最後まで「朴恒緒マジック」だった。韓国人の朴恒緒(パク・ハンソ)監督が率いるベトナムサッカー代表が初めて出場したワールドカップ(W杯)最終予選で有終の美を飾った。

ベトナムは29日、埼玉スタジアムで行われた2022カタールW杯アジア最終予選B組第10戦のアウェー試合で強豪日本と1-1で引き分けた。前半19分のグエン・タイン・ビンのヘディング先制ゴールでリードしたベトナムは、後半9分に吉田麻也に同点ゴールを許した。すでにカタール行きを決めた日本は前半だけで12本のシュートを放ったが、ベトナムの守備に阻まれて有効シュートはわずか1本だった。一方、ベトナムは前半の唯一のシュートがゴールに結びついた。

日本は後半25分、田中碧の追加ゴールで逆転したように見えたが、その前の南野拓実のハンドで得点は無効になった。後半43分の上田綺世のゴールも、ヘディングパスをした田中のオフサイドで認められなかった。ベトナムは勝利には届かなかったが、意味のある結果を出した。ベトナムはアジアトップ級の実力を誇る日本との対戦でこれまで4敗していたが、今回初めて勝ち点を獲得した。

これでベトナムは1勝8敗1分け、勝ち点4と、B組6カ国のうち最下位で最終予選を終えた。ベトナムがW杯最終予選まで勝ち進んだのは今回が初めて。W杯本大会進出の道は早期に断たれたが、中国を相手に歴史的な最終予選初勝利をつかんだ。

朴監督は2017年にベトナム代表チームの指揮棒を握った。翌年のアジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)チャンピオンシップでベトナムサッカー史上初めて準優勝に導いた。同年のジャカルタ・アジア競技大会では初めて4強入りした。またスズキカップでは10年ぶりの優勝を果たした。2019年にはアジアカップで8強入りした。

一方、日本は格下のベトナムを相手にホームで引き分け、自尊心が傷ついた。日本(勝ち点22)は現在2位のサウジアラビア(勝ち点20)の最終戦、オーストラリア戦の結果しだいでは2位に落ちることもある。日本は24日、オーストラリアとのアウェー試合で2-0で完勝し、7回連続本大会進出を決めた。1998年フランス大会で初めてW杯本大会の舞台を踏んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「韓国人監督マジック」ベトナム、強豪日本と引き分け…初の最終予選で有終の美

    2022.03.30 07:55
    뉴스 메뉴 보기
    朴恒緒(パク・ハンソ)監督
    TOP