주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>中国ファン「ベトナムに負けるとは屈辱」…テレビ壊す写真も登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.02 13:56
0
サッカー中国代表のサッカーワールドカップ(W杯)本大会行きの可能性が完全に消え、朴恒緒(パク・ハンソ)監督が率いるベトナム代表に惨敗したことを受け、中国のネットユーザーがテレビまで壊しながら怒りを表している。

香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は1日、「中国人が屈辱的な敗戦に怒った」と題した記事で「中国代表の歴史的な1-3の敗戦がウェイボーで最高の話題になっている」と伝えた。

中国はこの日、ハノイで行われた2022カタールW杯アジア最終予選B組第8戦でベトナムに1-3で敗れた。

中国はこの日の敗戦で最終予選1勝5敗2分けとなり、本大会行きの可能性がなくなった。

一方、史上初めてW杯最終予選に進出したものの7連敗中だったベトナムは中国に勝利し、1勝をつかんだ。SCMPは中国代表の敗戦から2時間後、ウェイボーに128万件以上のコメントが書き込まれていると伝えた。

SCMPによると、中国ネットユーザーは「このような成績、敗戦でW杯を逃したのはファンとして受け入れがたい」「中国に戻ってこないでそこにいろ」「代表チームを解散させろ」「ベトナムに負けるとは本当に恥ずかしい」と怒っている。テレビをハンマーで壊して投げつけた後、足で踏む映像も登場した。

中国メディア澎湃新聞によると、この日、中国代表の李霄鵬監督は試合後、ファンに謝った。李監督は「作戦に問題があったし、選手も緊張していたようだ」と釈明した。中国は1956年にベトナムと初めて対戦して以降5試合すべて勝利していた。

一方、ベント監督が率いる韓国代表はこの日、シリアとのA組第8戦で2-0で勝利し、W杯本大会進出を決めた。韓国は最終予選2試合を残してA組2位以上が決定した。1986年メキシコ大会から10回連続のW杯本大会進出となる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP