주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>「W杯本大会出場を見るのは可能なのか」…14億人から11選手を選べない中国代表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.03 11:42
0
「私たちの生涯で中国サッカー代表がワールドカップ(W杯)本大会に進出するのを見ることができるだろうか」。

サッカー中国代表がベトナム代表に屈辱的な敗戦を喫してW杯本大会進出の可能性が完全に消えると、中国サッカーファンは怒りを表した。「今後(アジア最終予選の)トップ12に入れるだろうか」という自嘲的な反応も出ている。サッカー中国代表は1日、ハノイで行われた2022年カタールW杯アジア最終予選B組第8戦で朴恒緒(パク・ハンソ)監督が率いるベトナム代表に1-3で敗れた。

中国は3失点し、後半ロスタイムに1点を返して終わった。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング74位の中国が98位のベトナムに惨敗した。

中国は最終予選B組5位(1勝5敗2分け、勝ち点5)で、早くも本大会行きは挫折した。中国が残り2試合を勝利で終えても3位のオーストラリア(勝ち点14)に追いつけない。アジア最終予選は各組1、2位が本大会に直行、3位はプレーオフに回り、4-6位は脱落する。

2日の香港サウスチャイナモーニングポストは「中国の2022W杯本大会行きの希望が断たれた中、怒ったネットユーザーが中国の屈辱的な敗戦を非難した」とし「中国のベトナム戦敗戦に関連するハッシュタグは中国版ツイッターのウェイボーで2時間に128万以上の照会数を記録した」と伝えた。

報道によると、中国サッカーファンは「このスコア、この敗戦でW杯行きを逃したことを中国のファンは決して受け入れることができない」「我々は過去20年間、何を経験してきたのか。今後20年間をどうやっていくのか」と悔しさを表した。さらに「中国代表チームは解散すべきだ」「春節(中国の旧正月)の花火も代表チームの敗戦ほど騒がしくない」「中国に帰ってこないでそこにいるべき」などと激しい批判が続いた。

中国のあるサッカーファンがハンマーでテレビを壊す映像は韓国国内でも話題になった。中国がベトナムに敗れると、この男性は暴言を吐きながらハンマーでテレビを壊した後、投げつけて足で踏んだ。

別の中国のファンは「『人口14億人から11人を選出できないのか』という言葉がある。そうだ。本当に選べない。14億人ではなく数千人だからだ。中国に登録されたプロ選手は数千人にすぎないが、ドイツと英国の登録選手は我々の数倍、数十倍にのぼる」と書いた。

中国はW杯本大会の舞台を2002年に一度だけ経験した。10回連続W杯本大会進出を決めた韓国と比較される。

現在、中国代表の監督は自国出身の李霄鵬だ。2006年ドイツW杯でイタリアを優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督が2016年から19年まで中国代表チームを引き受けたが、体質改善に失敗した。2002年韓日W杯で韓国の4強神話を築いたフース・ヒディンク監督が中国U-19(19歳以下)代表を見守った後、「中国はW杯に出場するより招致する方が成功する可能性が高い」と語ったという。

中国はなぜサッカーで成果を出せないのか。「球迷(サッカーファン)」として知られる中国の習近平国家主席は2015年、「サッカー崛起(サッカーで立ち上がる)」を国家政策とした。自国の選手が世界的スターと一緒にプレーすれば実力が向上すると期待し、中国プロチームは巨額を投入してスター選手を迎え入れた。当時、上海上港のオスカル(ブラジル)の週給は5億8000万ウォン(約5500万円)にのぼった。しかしこの数年間、サッカーチームの母体だった不動産・建設企業が次々と倒産し、政治的状況と重なってサッカーへの投資も減った。

ハン・ジュンヒ解説委員は「中国のクラブチームは数年間にわたり巨額を支出したが、自国サッカーの基礎となる土台は以前から弱かった。ユースチームは今も弱く、幼い選手を育てる良質の指導者も養成できていない。基本がない展示行政、土台が弱い仮分数型の構造が中国サッカーの素顔」と指摘した。

また「中国選手は実力に比べて多くの年俸を受けてきた。スペインのエスパニョールの武磊を除けば挑戦意識が弱い選手を量産してきた」とし「中国リーグに欧州・南米出身のスター選手が過度に多かったのもマイナスになった。各クラブで攻撃はすべて外国人の役割になった。またクォリティーがトップ級でなくピークから下降する外国人選手を無分別に帰化させたのもプラスにならなかった」と説明した。

元韓国代表の李天秀(イ・チョンス)も最近、自分のユーチューブチャンネル「リ・チュンス」で「サッカーに数千億ウォンを投資しても中国が結果を出せない理由」について「基盤に問題がある。私も仁川(インチョン)の戦力強化室長を務めたが、海外でプレーした朴智星(パク・チソン)、李栄杓(イ・ヨンピョ)も話す共通のキーワードはユースだ。基盤がなく上ばかりに投資してもだめだ。下から上がってこなければいけない」と強調した。

日本Jリーグでプレーした経験がある李天秀は「日本は女子サッカーとユースチームに10年間を眺めながら投資した。中国は上は良いが、その人たちはお金をもらって出ていく人たちだ。指導者を下に置いてこそ、10年後に中国はサッカーの国になる可能性がある。大人とは違い青少年は癖が出る前に教育すれば本当に成長する可能性がある」とし「いま中国が投入しているお金の10分の1だけでも私に与えてくれれば発展させることができる。中国の少林寺を見ればいい。下から育てている」と話した。

中国は2020年東京オリンピック(五輪)で金メダル38個を獲得した。多くの種目で世界トップクラスだが、団体種目のサッカーでは結果を出せていない。一部では「一人っ子政策」で過保護に育てられた選手の利己的なプレーを理由に挙げたりもする。中国でサッカーは人気はあるが、国民の奥深くまで浸透していないという見方もある。中国では卓球、バスケット、バドミントンなどが広い範囲で行われている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>「W杯本大会出場を見るのは可能なのか」…14億人から11選手を選べない中国代表

    2022.02.03 11:42
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー中国代表が敗れ、ハンマーでテレビを壊す中国のサッカーファン。 [写真 ユーチューブ キャプチャー]
    TOP