주요 기사 바로가기

ベトナムサッカー代表韓国人監督「日本防疫、配慮不足…通訳なく選手とコミュニケーション取れず」

ⓒ 中央日報日本語版2022.03.29 11:56
0
ベトナムサッカー代表チームの朴恒緒(パク・ハンソ)監督がワールドカップ(W杯)最終予選の遠征試合を控えてホームチームである日本に不満を吐露した。

朴監督は28日、公式記者会見で「ホームチームの防疫措置を守るのは義務だと考える」としながらも「日本がホームチームとしての配慮、遠征チームへの尊重が足りないと考える」と明らかにした。

ベトナムは29日、埼玉2002スタジアムで日本と2022カタールW杯アジア最終予選第10戦に臨む。ベトナムは入国後選手団の一部が新型コロナの陽性反応を見せ、直ちに隔離された。韓国語ができる朴監督の通訳も含まれた。朴監督はベトナムと日本の新型コロナ陽性判定の基準が違い、これについて入国前に日本側の説明がなかったと主張した。

朴監督は「このような状況で監督として抗議しなければならないと思って抗議したが、防疫義務違反で3日間隔離させられた」として「抗議することだけで隔離されるのであれば隔離する。いくら隔離されてもかまわない」と話した。

また、「通訳が公式的なPCR検査を受ければ良いと何度も要請したが、拒絶され続けている」とし「私は韓国人で、ベトナム代表チームの監督だ。この通訳がいなければ選手とコミュニケーションを円滑に取ることができない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベトナムサッカー代表韓国人監督「日本防疫、配慮不足…通訳なく選手とコミュニケーション取れず」

    2022.03.29 11:56
    뉴스 메뉴 보기
    朴恒緒(パク・ハンソ)監督
    TOP