주요 기사 바로가기

五輪は終わったがドーピングは続く…スペインのフィギュア選手も陽性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.23 17:58
0
北京冬季五輪は終わったが、ドーピング選手は続いている。スペインのフィギュア選手ラウラ・バルケロ(21)もドーピング検査で陽性反応が出た。

国際検査機関(ITA)は23日、スペインの女子フィギュアスケートのラウラ・バルケロ選手のドーピングサンプルから禁止薬物であるクロステボルが検出されたと明らかにした。

クロステボルは男性ホルモンであるテストステロンと類似の効果を出す物質で、筋肉の発達を助ける。

バルケロはマルコ・ザンドロンとともに北京冬季五輪フィギュアスケートのペア種目に出場し11位を記録した。

ITAは「バルケロは国際オリンピック委員会(IOC)アンチドーピング規定によりスポーツ仲裁裁判所(CAS)に付託されるだろう」と明らかにした。

北京五輪でドーピング陽性反応が出たのは今回が4回目だ。

イラン男子アルペンスキーのホセイン・サベフシェムシャキ、ウクライナ女子スキーのワレンティナ・カミンスカ、ウクライナ女子ボブスレーのリディア・フンコが禁止薬物検出で懲戒対象になった。

北京五輪を沸かせたロシア女子フィギュアスケートのカミラ・ワリエワは大会前に提出したサンプルから禁止薬物が検出され世界に大きな衝撃を与えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP