주요 기사 바로가기

<北京五輪>ドーピング疑惑のワリエワ登場すると…韓国解説陣、解説なく沈黙した

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.16 08:15
0
何も話さなかった。韓国のフィギュアスケート解説委員たちは、ドーピングの波紋にも出場したカミラ・ワリエワ(16・ロシアオリンピック委員会)の演技に「沈黙解説」をした。

ワリエワは15日、中国北京首都体育館で開かれた2022北京冬季オリンピック(五輪)フィギュア女子シングルショートプログラムで技術点(TES)44.51点・芸術点数(PCS)37.65の計82.16点で1位に入った。アンナ・シェルバコワ(ROC・80.20点)を1.94点差で抜いた。

26番目の順序で演技を始めたワリエワは、トリプルアクセルの着氷過程でミスがあったが、他の要素をすべて完ぺきに跳んだ。ワリエワは感情が込み上げてきたのか、涙顔になった。ROC関係者たちとロシア観客、一部の中国観客は拍手を送った。

ワリエワは五輪団体戦が終わった後、ドーピングスキャンダルに巻き込まれた。昨年12月ロシア選手権当時に提出した小便サンプルから禁止薬物成分であるトリメタジジンが検出されたのが一歩遅れて明らかになった。ロシア・アンチドーピング機関(RUSADA)が暫定的な資格停止処分を下し、国際オリンピック委員会(IOC)と世界アンチ・ドーピング機関(WADA)も異議を提起をしたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)はワリエワの出場を許した。

この日の競技を中継していた韓国中継陣はワリエワの競技に対して大きな評価をしなかった。SBS(ソウル放送)のイ・ホジョン解説委員、KBS(韓国放送公社)のクァク・ミンジョン解説委員はどのような解説も入れなかった。イ・ホジョン解説委員は競技後、「ドーピングをしても五輪に出場した選手の競技に解説をすることはできなかった。子どものころから一生懸命に練習し、五輪出場権を獲得した、正々堂々と戦った選手たちの努力は何になるのか」と話した。

クァク・ミンジョン解説委員は「特に話したいことがこれと言ってなかった。中継したくなかった。出場については私は決められないが、その部分に対して優しい眼差しで見ることができないのは当然だ。その部分が、私の意見が反映されなかったようだ」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <北京五輪>ドーピング疑惑のワリエワ登場すると…韓国解説陣、解説なく沈黙した

    2022.02.16 08:15
    뉴스 메뉴 보기
    北京五輪団体戦女子シングルフリースケートの演技を披露するワリエワ。北京=キム・ギョンロク記者
    TOP