주요 기사 바로가기

<北京五輪>「ドーピング陽性」ワリエワのコーチは陰謀説を提起…国際社会は怒り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.14 08:47
0
「フィギュアの天才」カミラ・ワリエワ(16)のドーピング陽性反応の結果が2022北京冬季オリンピック(五輪)から出たことを巡りロシアは疑いを拭いきれないでいる。

ワリエワのコーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏は12日(現地時間)、ロシア国営テレビチャネル1とのインタビューで「かなり厳しい状況だがワリエワは潔白だと確信している」と話した。あわせて昨年12月に実施したドーピングテスト結果が今になって発表されたことを巡り「偶然の一致か、とてもよく仕組まれた計画の可能性がある」と主張した。国際オリンピック委員会(IOC)は11日、大会定例会見で「ワリエワが今大会前に実施されたドーピング検査で陽性反応を示した」と発表した。

ワリエワは昨年12月25日、ロシア・サンクトペテルブルクで開かれたロシア選手権大会で小便サンプルをロシアアンチドーピング機構(RUSADA)に提出し、このサンプルはスウェーデン・ストックホルムの世界アンチ・ドーピング機関(WADA)に送られた。そして約6週後である今月8日、狭心症治療剤のトリメタジジン(2014年1月禁止薬物指定)が検出されたという通知を受けた。通常ドーピングテストの結果は1~3日後に出てくるが、ワリエワの結果は46日が経過した、北京五輪が今まさに開催中の時期に通知されるという異例のものだった。偶然にもワリエワが活躍したロシアがフィギュア団体戦で金メダルを獲得した翌日だった。

ロシアオリンピック委員会(ROC)やRUSADAなどは「一連の過程に疑問を持たざるをえない」とした。反面、ロイター通信によると、WADAは「研究所内で新型コロナ感染者が増えて検査の分析と報告が遅れた」という立場だ。

ロシアは2012年から、国際大会全般で選手が組織的に禁止薬物を服用してドーピングテスト結果を隠したとされて、IOCとWADAから制裁を受けている。ロシア出身選手は今年12月までオリンピック(五輪)で国号や国旗を使用できず、ロシアオリンピック委員会所属の個人の資格で大会に参加している。

IOCのディック・パウンド委員はロイターとのインタビューで「ロシアは絶対に反省しない。すべてのドーピング結果に控訴している」としながら「ロシアオリンピック委員会所属でも大会に出場できるようにしたことは寛大すぎる処置だった。今後は国際大会への参加停止を考慮することができる」と強調した。未成年者選手に禁止薬物を投じたことはコーチ陣の誤りという批判も続いている。体操選手出身の弁護士レイチェル・デンホランダー氏は「未成年者選手は権威があるコーチが与えない限り、そのような禁止薬物を服用しない」と話した。

8日、ドーピング結果を聞いたRUSADAは直ちにワリエワに臨時に資格停止懲戒を下した。ところがワリエワは9日に控訴し、どのような理由か分からないが、懲戒はすぐに解除されてその後公式訓練に姿を見せた。これに対して五輪でドーピング検査を実施している国際検査機関(ITA)が法律検討を経てスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。CASは13日午後、北京のあるホテル会議室でワリエワ関連の聴聞会を開き、14日に懲戒についての結果を発表する予定だ。

2006年4月26日生まれのワリエワは誕生日がまだ来ておらず現在15歳だ。保護対象である未成年者であるため、ワリエワとコーチ陣が禁止薬物の服用事実を認めるなら、警告処分だけを受けて出場停止懲戒は下されないだろうとの展望だ。国際スポーツ弁護士のポール・グリーン氏は「懲戒の程度が警告にとどまるのなら、競技に出場することはできる。しかし、そのためには禁止毒物の服用事実を認めなければならないが、ワリエワのコーチ陣がそうしない可能性がある」と伝えた。ロシアのフィギュア団体戦金メダルを受賞するかどうかは今後決まる予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <北京五輪>「ドーピング陽性」ワリエワのコーチは陰謀説を提起…国際社会は怒り

    2022.02.14 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア女子フィギュア代表のカミラ・ワリエワが7日午後、中国北京首都体育館で開かれたフィギュアスケート団体戦女子フリースケーティング競技を終えた後に残念そうな表情を浮かべている。キム・ギョンロク記者
    TOP