주요 기사 바로가기

巧妙になるドーピング薬物、「助けてほしい」…韓国にSOS送った日本

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.22 16:54
0
韓国科学技術研究院(KIST)が東京五輪にドーピング関連で世界最高水準の技術力を持つ韓国のドーピング専門家を派遣する。23日に開幕する東京五輪の「東京2020大会専用アンチ・ドーピングラボラトリー」(大会専用ラボ)が招請した。

KISTは22日、ドーピングコントロールセンター長のソン・ジョンヒョン氏とソン・チャンミン博士を東京五輪に派遣し、850種余りの禁止薬物テストと試料分析ノウハウなどを伝える計画だと明らかにした。

KISTドーピングコントロールセンターはアジア大会と五輪開催に向け1984年に設立され、ドーピング禁止薬物に対する選手らの生体試料分析とともに最新検出技術開発に向けた研究活動を行っている。その後40年近くにわたり多くの国際大会のドーピング分析を支援し、韓国がスポーツ大国として位置づけられるのに重要な役割を担った。

最近では脳ドーピング、遺伝子ドーピング、乾燥血液スポットなどの最新分析システムを備えるための研究に集中している。

東京五輪では成長ホルモン剤の検出がアンチ・ドーピング研究所の主要課題に選ばれる。最近エリート選手らを中心に使用頻度が増加している成長ホルモン剤はその使用の有無を検出するのが困難な上に効果が良く、これを効果的に検出することが重要な課題だ。

2020年11月に世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が発表した「全世界ドーピングセンター別高リスク種目特殊分析技術資料」によると、成長ホルモンと類似禁止薬物のすべての分析技術を持っている国は世界的に韓国、米国、ブラジルの3カ国だけだ。

2人は大会専用ラボでKISTが保有する成長ホルモンと類似禁止薬物に対する分析技術と、2018年の平昌(ピョンチャン)五輪を通じて蓄積したドーピング試料分析のノウハウを伝授する予定だ。それだけでなく、ロードレーススターのランス・アームストロングが使った禁止薬物として有名になったエリスロポエチン(EPO)の最新分析技術も伝授する計画だ。

ソン氏は「選手らの努力と闘志を基に全世界がひとつになる世界の祭典である五輪が禁止薬物で汚されないよう最新分析技術を開発し、選手の試料を徹底的に検証することがアンチ・ドーピング専門家の役割。優秀な分析技術とノウハウを隣国日本に伝授する機会ができ誇らしく考えるとともに、大韓民国代表選手の善戦を祈る」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    巧妙になるドーピング薬物、「助けてほしい」…韓国にSOS送った日本

    2021.07.22 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    東京五輪開会式を翌日に控えた22日午前、東京のオリンピックスタジアムでは一般人の出入りが統制されている。開会式は無観客で行われ、日本政府と東京五輪組織委員会が招待した関係者950人ほどが参加する。[写真 五輪写真共同取材団]
    TOP