주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア、韓国国防長官の軍事対備態勢点検を非難…「戦争リスク高まるばかり」

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.11 10:25
0
北朝鮮の対外宣伝メディア「わが民族同士」は11日、新年に入って韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官が軍事対備態勢を点検して合同参謀に軍事宇宙力発展専門担当組織が新設されたことなどを指して「新年早々から戦雲を呼び起こしている」と非難した。

このメディアはこの日、徐旭国防部長官が新年初日、空軍の空中早期警報統制機「ピースアイ」に乗って韓半島全域の対備態勢を点検したことと、最近合同参謀本部の軍事宇宙課新設の発表などに言及し「新年に入って濃厚な火薬の匂いを漂わせて狂気を働かせている」と非難した。

メディアは「南朝鮮軍部はこれまで表では『緊張緩和』やら『平和』やら騒いできたが、後ろに振り向いては同族を害する野望の下に北侵略戦争の準備に躍起になっていた」として「南朝鮮軍部はしょっちゅう『安保』とたわごとをならべ、武力増強策動に躍起になっているが、そうするほど朝鮮半島(韓半島)に戦争リスクが高まるばかり」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮メディア、韓国国防長官の軍事対備態勢点検を非難…「戦争リスク高まるばかり」

    2022.01.11 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    徐旭国防部長官が1月1日、空軍の空中早期警報統制機「ピースアイ」に乗って韓半島全域の対備態勢を点検している。
    TOP