주요 기사 바로가기

「米軍用機が台湾に来れば戦争」と叫んだ中国 「わらをもつかむショー」という評価だけ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 14:47
0
6日、米軍輸送機C-17グローブマスターが台湾の台北松山空港に着陸した。米国が台湾に提供する75万ドーズの新型コロナワクチンとタミー・ダックワース議員(民主・イリノイ)、ダン・サリバン議員(共和・アラスカ)、クリストファー・クーンズ(民主・デラウェア)連邦上院議員を乗せた戦略輸送機だ。

米上院議員が軍用機に乗って台湾を訪問し、現地では中国の対応に関心が向かった。この日、台湾民進党性向の自由時報は、「米国軍用機が台湾に離着陸すれば台湾海峡の戦争はその時に始まる」と脅迫していた1年前の中国国営環球時報の社説に言及した。しかし1年前に戦争を叫んだ環球時報は7日、立場を変えて「台湾当局が米国上院議員というわらをもつかむ」と題した社説を掲載した。

社説は「2300万人の台湾の人口からみて75万ドーズのワクチンはコップの水で火を消すようなものだ」とし「防疫失敗とワクチン不足で民進党に対する不満が強まって支持率が落ち、米国が上院議員訪問という政治ショーで民進党を助ける動き」と低く評価をした。続いて「台湾当局の行動は歴史の大きなレンズで見ると『最後のあがき』にすぎない」とし「大陸の力が作ったスーパー磁場はすでに台湾に及ばないところはない。台湾当局がもめごとを起こすほど、大陸が台湾問題を積極的に解決するという道徳的な優位を助ける」と主張した。

米国のトランプ政権時代だった昨年と比べて対応方式はかなり変わった。バイデン政権に交代した米国と台湾の蔡英文政権、民間世論にそれぞれ分離対応し、民進党政権を孤立させようとする戦略という分析が出ている。

昨年8月には中国が米軍EP-3E電子偵察機が沖縄米軍基地と台湾を行き来して離着陸したという疑惑を提起し、激しく反発した。当時、環球時報は「蔡英文当局に根本的な警告を送る必要がある」と題した社説を掲載し、「中国が統一を守護するために設定したレッドラインを踏んだ」とし「中国が証拠を確保すれば、関連空港と着陸する米軍機を壊すことができる。台湾海峡戦争はこの時が開戦」と脅迫した。

社説は「台湾島上空が人民解放軍の巡航空域であることを宣言し、解放軍の偵察機と戦闘機を台湾上空に送って任務を遂行することを建議する」とし「これら戦闘機は一方で主権を誇示し、一方で台湾空港に米国軍用機が離着陸しないか、港に米軍艦が停泊しないか偵察しなければならない。仮に台湾軍用機が解放軍の軍用機に発砲すれば、最初の発砲を戦争挑発と見なし、解放軍は直ちに台湾のすべての軍事力量を破壊し、武力統一を実現しなければならない」と主張した。

しかし6日の米軍用機の着陸に沈黙する中国をみて、台湾ネットユーザーは「左岸(中国)の人は米国の軍用機または軍艦を許さないと叫んでいたが、きょう米軍用機が台湾に来た。左岸はなぜ黙っているのか。米国の軍用機と軍艦が台湾にまた駐留すると思ったのか」と嘲弄のコメントを書き込んでいると、台湾自由時報が報じた。

中国の反応をみると、米国の「サラミ戦術」に中国が呼応しなかったという分析も出ている。6日に台湾に着陸した米国軍用機を「民航機」と強調しながらだ。中道性向の台湾連合報と親中性向の中華圏メディアの多維が似た論調で報道した。「米国台湾協会(AIT)が事前に明らかにした飛行計画によると、米国訪問団はC-17戦略戦術輸送機1機、C-12小型輸送機2機で編成され、上院議員は米国輸送機のC-12JとC-12Uに搭乗する予定だった」と説明した。しかし6日に松山空港に着陸した航空機はC-17A「グローブマスター3」戦略輸送機1機にすぎなかったということだ。中国は戦闘機を1機も発進させなかった。米国台湾協会が空港側に通知した内容を根拠に今回の軍用機は「AIT商用機」だったという解釈だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP