주요 기사 바로가기

危機のロッテ、ライバル企業のCEOを迎えた辛東彬会長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.26 14:02
0
最近業績不振のロッテグループが外部の人材を大規模に輸血した。ロッテは25日、ロッテ持株を含む系列38社の取締役会を開き、2022年定期役員人事を決定した。人事内容は破格だ。

グループの主力ロッテショッピングの代表として30年間の「P&Gマン」金尚ヒョン(キム・サンヒョン)元ホームプラス副会長を迎えた。ホテル代表も経営コンサルタント出身の安世珍(アン・セジン)社長(52)に決まった。ロッテグループ史上、主力会社の最高経営責任者(CEO)に外部の人物が就任するのは初めて。

それだけ辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長(66)の危機感が強いということだ。かつて財界4位を眺めていたロッテが創社以来、最大の危機を迎えた結果という声が出ている。

組織も大幅に改編した。2017年3月からの4つのビジネスユニット(BU)体制をなくし、ヘッドクオーター(HQ)体制を導入した。BU体制は当初の期待とは違い「BU-BU」間または「ロッテ持株-BU」間の葛藤を深めるなど副作用を招いた。新しく導入されたHQ体制に基づき、ロッテグループ内の系列60余社は今後6つの事業群(食品・ショッピング・ホテル・化学・建設・レンタル)に分かれる。このうち主要事業群の食品とショッピング・ホテル・化学は自体のHQ組織を設置し、1人総括代表の主導で事業全般を率いる。過去の経営陣・経営体制と確実に縁を切るという辛会長の意志が込められた。

流通群総括代表であるロッテショッピング代表の金尚ヒョン副会長は1986年に米国P&Gに入社し、東南アジア総括社長、米国P&G新規事業副社長を務めたグローバル流通専門家だ。その後、ホームプラス副会長、香港小売流通会社DFIリテールグループの東南アジア流通総括代表などを経験した。

ホテル群総括代表に選任された安世珍社長はグローバルコンサルティング会社A.T.カーニー出身だ。2005年から2017年までLGグループとLSグループで新事業と事業戦略を担当した。2018年からモルガン・スタンレーPEで飲食業者ノルブの代表を務めた。ホテル関連経歴は特にない。グループの以前からの念願であり、これまで進んでいなかったホテルロッテの企業公開(IPO)という宿題を引き受けたと財界はみている。流通・ホテルBUを率いた姜熙泰(テカン・ヒテ)副会長と李奉チョル(イ・ボンチョル)社長は経営の一線から退く。

化学群総括代表を引き受ける金教賢(キム・ギョヒョン)副会長(67)は、ロッテケミカルが最近、新型コロナ以前の水準の業績を回復した点が認められ、昇進した。食品群総括代表は食品BU長であるロッテ製菓の李栄求(イ・ヨング)社長(59)が務める。ロッテ持株の李東雨(イ・ドンウ)社長(61)も副会長に昇進した。

ロッテショッピングの新任百貨店事業部代表は「流通宿敵」新世界出身の鄭峻鎬(チョン・ジュンホ)ロッテGFR代表(副社長、56)が引き受ける。新世界百貨店や朝鮮ホテルで経歴を積んだ鄭代表は2019年にロッテグループに合流した。

またロッテは今回の人事で昇進役員(82人)と新任役員数(96人)を昨年より倍以上に増やしたと明らかにした。グループが全体的に厳しい状況だが、成果を出せば褒賞を与える「信賞必罰」原則を確実にするためだ。

辛会長が覚悟して動き出したが、ロッテが再飛躍できるかどうかについては懸念の声がある。グループ主力の流通に突然外部者を補充したが、ライバルのイーマートが2019年にカン・ヒソク現イーマート社長(52)を迎え入れたのに比べて2年ほど遅れる。ロッテショッピングの今年7-9月期の売上高は4兆66億ウォンと前年同期比2.4%減少したが、イーマートは同比6.8%増の6兆3119億ウォンだった。グループ統合eコマースチャンネルのロッテオンは今年1-9月に1070億ウォンの赤字を出し、累計売上高は800億ウォンにすぎない。ロッテショッピングは4月に外部の専門家ナ・ヨンホ eコマース事業部長(副社長、51)を迎えてロッテオンの指揮を任せたが、まだ成果は表れていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    危機のロッテ、ライバル企業のCEOを迎えた辛東彬会長

    2021.11.26 14:02
    뉴스 메뉴 보기
    1日、ソウル蚕室(チャムシル)ロッテワールドタワー5階の「辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)記念館」を見回る辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテ会長。 [写真 ロッテ持株]
    TOP