주요 기사 바로가기

ロッテグループ会長が自らの人脈駆使…6カ国から尿素1万9000トン確保

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.12 06:44
0
韓国では尿素水不足が起きて不安が広がっているが、ロッテ精密化学が世界6カ国を通じて車両用尿素水3カ月分を生産することができる原料を確保した。ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長が自身の人脈を動員して物量を確保したという裏話だ。

韓国最大の尿素水製造・生産業者であるロッテ精密化学は11日、車両用尿素水5万8000トンを生産できる尿素1万9000トンを確保したと明らかにした。ロッテ精密化学が新規で確保した尿素はベトナム8000トン、サウジアラビア2000トン、日本1000トン、ロシア500トン、インドネシア200トンなど約1万2000トンだ。中国の輸出中断措置緩和で入ってくる中国産尿素6500トンと韓国政府が最近配分した尿素700トンを合わせれば計1万9000トン規模になる。

尿素水に入る尿素の含有量は約30%。尿素1万9000トンから車両用尿素水5万8000トンを製造することができる。

ロッテ精密化学によると、これは国内全体車両用尿素の需要の2~3カ月分に該当する物量だ。ロッテ精密化学関係者は「今回確保した要素のうち、ロシアからの500トンを除いてはすべて年内の入庫が可能だ」とし「当初今月末から尿素水の生産が中断される恐れがあったが、原料が確保されたためこれを解決できることになった」と説明した。ロッテ精密化学は来週から工場稼動率を高め、尿素水を生産し次第すぐに全国の販売網を通じて供給する予定だ。尿素水不法流通の可能性を懸念して今月初めに中断した10リットル容量製品の場合、来週生産を再稼働して消防車や救急車、パトカーなど公共部門にまず供給する予定だ。このためロッテ精密化学は環境部など関連部署と協議中だ。ガソリンスタンドまで移動させることが難しい大型建設機械や工事現場などには直接尿素水を供給する計画だ。

辛会長はロッテ精密化学の尿素水原料確保のために自ら駆け回ったという。ロッテグループによると、辛会長は日本国内の人脈を活用して純度の高い日本産尿素1000トンの契約を直接結んだ。ロッテグループ関係者は「日本産尿素は品質が良くて価格が高く、最近2年間輸入が中断された状態だった」とし「最近、国内が尿素水不足事態で非常事態になるや辛会長が自ら動いて日本産物量を確保した」と話した。ベトナムとインドネシアからの尿素物量の一部も辛会長が確保したとロッテ側は説明した。

ロッテ精密化学の関係者は「尿素水不足事態の初期から中国法人やグローバルネットワークを総動員する一方、産業通商資源部など政府と緊密に協力して原料需給のために水面下で努力していた」とし「尿素価格が最高額を更新しているが、尿素水価格を上げないで凍結して市場安定に寄与したい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロッテグループ会長が自らの人脈駆使…6カ国から尿素1万9000トン確保

    2021.11.12 06:44
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長。
    TOP