주요 기사 바로가기

辛格浩ロッテグループ名誉会長、死後に2100億ウォン贈与税取り消し訴訟で勝訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.05 09:31
0
故辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)ロッテグループ名誉会長が税務当局が賦課した贈与税2126億ウォン(約203億円)の取り消しを求めて起こした訴訟で勝訴した。

ソウル行政裁は4日、辛名誉会長が鍾路(チョンノ)税務署長を相手取り起こした贈与税賦課処分取り消し訴訟の裁判で原告勝訴判決を下した。

検察はロッテ総帥一家の経営不正を捜査中、辛名誉会長が借名で保有する日本ロッテホールディングス株6.8%を事実婚関係だった徐美敬(ソ・ミギョン)氏と娘の辛ユミ氏に譲る過程で株式贈与税が漏れたと見なした。これを受け、税務当局は辛名誉会長に2126億ウォンの贈与税を賦課した。

この贈与税は2017年1月に長男の辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)SDJコーポレーション会長(元日本ロッテホールディングス副会長)が全額代納した。その後、辛名誉会長は税務当局を相手に贈与税賦課処分の取り消しを求めて訴訟を起こした。

辛名誉会長は訴訟中だった今年1月19日、持病で死去した。これを受け、辛英子(シン・ヨンジャ)元ロッテ奨学会長理事長、辛東主会長、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長、辛ユミ元ホテルロッテ顧問の4人が訴訟で原告の地位を引き継いだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP