주요 기사 바로가기

韓国、コロナワクチン1回目接種率80%超える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.30 08:55
0
韓国で新型コロナワクチン1回目の接種者が人口の80%を超えた。

新型コロナ予防接種対応推進団(団長、鄭銀敬疾病管理庁長)は29日午後4時基準の暫定集計の結果、ワクチン1回目接種者は累計4108万122人で、全国民の80%に該当すると明らかにした。このうち3816万930人(人口比74.3%)は接種を完了した。

推進団によると、OECD(経済協力開発機構)加盟国のうち1回目接種率が80%以上の国はポルトガル、アイスランド、スペイン、チリで、韓国は5番目の国になった。接種完了率80%以上の国はポルトガルとアイスランド。推進団は今後、小児・青少年と妊婦の接種および追加接種(ブースターショット)が安全に進行するよう最善を尽くす計画だ。

来月1日から4週間は新しい防疫体系「段階的日常回復(ウィズコロナ)」1段階が施行される。推進団は未接種者および不完全接種者を中心に集団感染および重症死亡の危険が高まる可能性があるだけにワクチン接種への参加を呼びかけた。

また、重症・死亡高危険群(高齢層・免疫低下者など)および感染高危険群(医療従事者および対面業務従事者)の対象者に対しても積極的な追加接種を要請した。

団長の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は「家族の健康と日常回復の希望から予防接種に積極的に参加した国民と、安全な接種のために努力している医療関係者をはじめ、すべての方々に感謝している」とし「新型コロナの被害を最小化し、ウイルスと安全に共存する日常を定着させるために最も重要な予防接種と防疫守則の遵守に参加・連帯してほしい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP