주요 기사 바로가기

韓国ドラマ『イカゲーム』…22カ国で1位(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 11:34
0
『イカゲーム』は、独特な設定のほか、現代社会への鋭い風刺が、人気に一役買ったと見られる。

人を平然と殺すが、ゲームの管理者は「平等」を強調している。「外の世界で不平等と差別に苦しんできた人たちだからこそ、平等に戦って勝つことができる最後のチャンスを与える」と主張している。しかし、彼らを監視し、コントロールするピンクの服の「覆面の男たち」の間にも明確な階級が存在し、その上にはゲームを設計した者たちが、別の位階で存在している。彼らの「平等」は「固定された階層の中での平等」にすぎない。『イカゲーム』は「乙(契約関係において甲の下に置かれた立場)の戦い」に過ぎなかった。しかし、劇中の「俺たち同士でこんなことしたらダメだろう!」というギフンの叫びは、切迫した「乙」たちの耳には届かない。

ただし、このような爆発的な反応とは別に、視聴者の反応は好き嫌いが分かれている。「命をかけた生存競争の現実に他ならない」と共感する反応の一方では、「退屈でストーリーに無理がある」という反応もある。また、ファン・ドンヒョク監督が「2009年に書いた台本で、『神様の言うとおり』は2011年に公開された作品だから何かを見て模倣したというのは事実ではない」と制作発表会で明言しているが、それでも日本映画『神様の言うとおり』と類似しているという指摘が出ている。

日本の有名漫画『賭博黙示録カイジ』との類似性を指摘する反応もある。1996年から連載中の『賭博黙示録カイジ』は、未来に対する希望なく暮らす主人公カイジが、詐欺により抱えることになった莫大な借金を解決するために巨額をかけたゲームに参加するという内容だ。主人公の境遇の設定から、船に乗って孤立した空間でゲームが行われる点、巨額をもらえるもののゲームに敗れた場合、残酷な対価を支払うことなどが類似した要素として挙げられている。

『イカゲーム』について、大衆文化評論家のチョン・ドクヒョン氏は「借金が主な動機として出てくるが、脱北者の苦しみ、暴力の被害者など、様々な事情が描かれている」とし「『誰かを排除してこそ自分が生き残る』サバイバルゲームを土台に、韓国社会が持つ、弱者を転がして資本化する構造に対する批判的メタファーを鋭く表現した」と評した。 韓国ドラマ『イカゲーム』…22カ国で1位(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ドラマ『イカゲーム』…22カ国で1位(2)

    2021.09.23 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『イカゲーム』は456億ウォンの賞金をめぐり命をかけるサバイバルゲームを描いている。[写真 ネットフリックス]
    TOP