주요 기사 바로가기

金富謙首相「日本と過去史は過去史通りに解決、実質的な協力は継続」

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.05 10:44
0
金富謙(キム・ブギョム)首相は5日、自身のフェイスブックを通じて、「日本政府はこれまでの不当な措置(輸出規制)を撤回して懸案解決に向けた真正性のある努力を見せてほしい」と語った。

金首相は「輸出規制措置当時、一部では経済が急激に難しくなると予想されるとして不安に思い、われわれが先に頭を下げて手を差し伸べるべきだという声もあった」として「だが、日本の輸出規制はむしろ韓国の素材・部品・装備企業を強めた」と明らかにした。

また「政府の支援をベースに大・中・小企業が共生と連携を通じて素材・部品・装備の自立の生態系を作って国産化の成功はもちろん、新しい市場を切り開く快挙まで成し遂げた」として「われわれの目標は単に日本からの自立でなく、さらに世界的な素材・部品・装備強国として位置付けられること」と話した。

金首相は「日本との関係で過去史は過去史通りに解決する一方で、実質的な協力は継続しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金富謙首相「日本と過去史は過去史通りに解決、実質的な協力は継続」

    2021.07.05 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    金富謙首相
    TOP