주요 기사 바로가기

文大統領、新検察総長に金オ洙氏指名…野党「検察の中立を無視した側近人事」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.04 07:57
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が3日、新検察総長候補に金オ洙(キム・オス)前法務部次官(58)を指名した。3月4日に任期を4カ月ほど残した尹錫悦(ユン・ソクヨル)前総長が辞任してから60日目だ。

朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官はこの日午後、青瓦台で文大統領に会い、次期総長候補に金前次官の任命を推薦した。先月29日に検察総長候補推薦委員会が金前次官と具本善(ク・ボンソン)光州高検長、ペ城範(ペ・ソンボム)法務研修院長、趙南寬(チョ・ナムグァン)最高検察庁次長の4人の候補を選定してから4日目だ。文大統領は朴長官の推薦を直ちに受け入れた。金候補は全羅南道霊光(ヨングァン)出身で、ソウル大法学科を卒業し、ソウル中央地検捜査第1部長、ソウル高検刑事部長、最高検科学捜査部長、ソウル北部地検長、法務研修院長などを務めた。

青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官はこの日、指名の背景について「検察組織を安定化させる一方、国民が望む検察になるよう検察改革という時代的な任務を果たすことを期待する」と述べた。検察組織の安定と改革という2つの側面で文大統領が金候補を選択したということだ。

当初、政界と法曹界では次期総長候補4人が推薦された直後から金オ洙カードの指名を予想する声が多かった。金候補は文在寅政権に入って法務部次官に抜てきされ、22カ月間、朴相基(パク・サンギ)、チョ・グク、秋美愛(チュ・ミエ)元長官を補佐した。その後、高位職の人事で候補群に名を連ねてきた。2019年の尹錫悦前総長の任命当時は検察総長候補に含まれ、その後も公正取引委員長、金融監督院長、監査院監査委員にも名前が挙がった。それだけ政府とコードが合う人物ということだ。秋美愛-尹錫悦の対立を経て国政の動力を失った文大統領としては、コードが合う政府側の人物に検察組織の安定的管理というミッションを付与するしかなかったという分析が出ている。

青瓦台関係者はこの日、いわゆる「コード人事」批判に関連し、「公職候補のうち最大ノミネーション候補ではないかと考える。それだけさまざまな分野の力を持っているという傍証」と肯定的な側面を強調して正面突破に乗り出した。政界では「退任を控えた文大統領が今後の政権捜査に対する盾の役割を誰に任せるかを考慮した可能性がある」という解釈も出ている。

◆与党内「金次官抜てきの背後には盧武鉉トラウマ」

主に野党で提起される主張だが、匿名を求めた与党関係者も「崔在亨(チェ・ジェヒョン)監査院長が親政府性向を問題にして監査委員の任命に公開的に反対したため、金候補の検察総長指名の可能性は低いという観測が少なくなかった」とし「にもかかわらず文大統領が金候補を指名したのは、政権末期に青瓦台と与党の核心部を狙った検察を信頼できないということではないだろうか」と話した。

国会法制司法委員会所属の与党議員も中央日報との電話で「文大統領と青瓦台参謀の間では過去に李明博(イ・ミョンバク)政権初期にあった盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領に対する検察の捜査がトラウマとして残っているようだ」とし「金候補の指名には報復性の検察の捜査の可能性を遮断しようとする意志も反映されたようだ」と話した。

続いて「金候補の指名は政府側性向の李盛潤ソウル中央地検長を政治捜査の最前線となるソウル地検に留任させるための事前作業の可能性がある」とし「野党がこの2件について『政権末の青瓦台護衛隊』というフレームをかけている状態で聴聞会が非常に騒々しくなるだろう」と予想した。

李盛潤ソウル中央地検長は当初、有力な検察総長候補に挙がっていたが、野党の反発の中で結局、最終候補4人からは除外された。金候補が検察総長候補に指名され、李地検長の留任または栄転を予想する声が少なくない。

この日の金候補指名に対し、与野党の立場は明確に分かれた。与党・共に民主党の李龍彬(イ・ヨンビン)報道官は「金候補は当面の司法改革課題を完遂し、検察組織を安定的に導いていく人事」とし「時代的な課題である検察改革を完遂できるようその任務を果たすことを望む」と述べた。一方、国会法制司法委員会の野党幹事の金度邑(キム・ドウプ)国民の力議員は「金候補は法務次官当時、朴相基、チョ・グク、秋美愛元法務長官を補佐し、検察内部の信望を失った人物」とし「政治的な中立と独立が生命である検察総長までコード人事を強行した」と批判した。

金候補は国会人事聴聞会を経て任命される。検察庁法上、総長の任期は2年。任期を満たす場合、金候補は文大統領の残りの任期1年と次期政権の初年度の検察総長として在職する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、新検察総長に金オ洙氏指名…野党「検察の中立を無視した側近人事」

    2021.05.04 07:57
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が3日、新検察総長に金オ洙(キム・オス)前法務次官を指名した。尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が辞任してから60日目だ。写真は2019年11月8日、金オ洙法務次官(真ん中)、李盛潤(イ・ソンユン)検察局長(右)から「検察改革推進経過および今後の計画」に関する報告を受ける文大統領。 [写真 青瓦台]
    TOP