주요 기사 바로가기

韓経:3兆ウォン投資の孫正義ファンド「20兆ウォン」に…米証券市場に上場するクーパン、誰に利益か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.15 11:15
0
韓国の電子商取引大手クーパンのニューヨーク証券取引所(NYSE)上場で誰が最も大きな利益を得るかに関心が集まっている。最も大きな利益を得るのはソフトバンクグループの孫正義会長が率いる「ソフトバンクビジョンファンド」という見方が出ている。ソフトバンクビジョンファンドにはサウジアラビア国富ファンド(45%)とソフトバンクグループ(28%)が主な出資者として参加している。

孫会長のソフトバンクビジョンファンドは2015年と18年の2回にわたりクーパンに計3兆ウォン(27億ドル、約2850億円)を投資した。現在、ビジョンファンドは約37%のクーパン株を保有しているという。クーパンの企業価値が海外メディアの予想通り55兆ウォンになる場合、ビジョンファンドが保有するクーパン株は20兆ウォン以上の価値となる。投資金額の7倍ほどで、差益だけで17兆ウォンにのぼる。

ビジョンファンドのほか、クーパンの可能性を見て投資したグローバル投資会社も利益を得る見通しだ。クーパンが米国証券取引委員会(SEC)に提出したS-1申告書類によると、クーパン株を5%以上を保有した株主目録にはグローバル投資機関「グリーンオーク」、グローバルファンド「マーベリックキャピタル」などがある。グリーンオークはクーパン設立初期からグローバル資産運用会社ブラックロック、シリコンバレーの投資会社セコイアキャピタルなどと共に数回にわたりクーパンに投資した。そのほか、シリコンバレー基盤の投資会社アルトスベンチャーズがクーパンと配達アプリ「配達の民族」に投資した。

クーパン創業者のキム・ボムソク取締役会議長は経済的利益の代わりにクーパンの経営権を守った。クーパンは上場の過程でキム議長にクラスB普通株を付与した。1株あたり29票の議決権が付く。クーパンが上場するクラスA普通株は1株あたり1票の議決権を持つ。シリコンバレーではよくある差別的議決権制だ。

クーパンの職員も利益を得る。キム議長はニューヨーク証券市場上場を公式化し、「フロントラインにいる職員に1000億ウォン規模のクーパン株を分ける」と明らかにした。配送担当と全国クーパン物流センターで勤務する職員が対象だ。クーパンの職員は約5万人と推定される。このうち事務職の職員が約4000人、配達および物流職員が4万6000人というのが業界の推定だ。この推定に基づくと、配達および物流職員は1人あたり平均200万ウォン前後の株を受けることになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:3兆ウォン投資の孫正義ファンド「20兆ウォン」に…米証券市場に上場するクーパン、誰に利益か

    2021.02.15 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクグループの孫正義会長
    TOP