주요 기사 바로가기

戦争のような速度で英国を抜いた、対人口比ワクチン接種率1位の国は(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.31 08:27
0
エルサレム・ポストによると、イスラエルにはファイザーのワクチン320万回分がすでに到着し、今週に60万回分がさらに入る。残りの物量は3月末まで入る予定だ。イスラエルは米国で21日から接種に入ったモデルナのワクチンも600万回分を購入した。

モーゼス教授は「最優先接種者だった医療スタッフ対象のワクチン接種は約2日で終わり、全国に150カ所のワクチン接種所を設置した」と話した。イスラエルは今週末まで全域に接種所の計250カ所を用意する予定だ。誰でもアプローチを簡単にするためだ。

テレグラフによると、今までイスラエルでは60代以上人口の25%がワクチンを打った。モーゼス教授は「重症患者の約70%が60歳以上だったが、(このように高い接種率を維持する場合)今後2~3週内に重症患者が大幅に減り、症状が軽微になる形で感染の様相が大きく変わるだろう」と見込んだ。

テレグラフはベンヤミン・ネタニヤフ首相がワクチンを公開接種したのも国民の接種を奨励するのに奏功したと評価した。ネタニヤフ首相は国民を対象にした接種が始まる一日前である19日イスラエルで初めてファイザーのワクチンを打った。また、イスラエルはデジタル化した医療システムを積極的に活用してワクチン接種対象のグループに携帯メールや音声メッセージで接種スケジュールを予約するように知らせる。

また、ワクチンの2回接種を全部終えた人には「グリーンパスポート(green passport)」を発給する。イスラエルのチェジ・レビー保健局長はチャンネル12のニュースとのインタビューで「2回目にワクチン接種後自動でこの旅券の発給を受けることになるだろう」と話した。この証明書を持っている人々は今後コロナに感染したかどうかを確認するPCR検査を受けずに旅行することができ、国家的な封鎖が解除されれば文化行事と食堂の出入りが自由になることができるとテレグラフは伝えた。モーゼス教授は「このような戦略はワクチン接種率を高めることができる」と評価する。

イスラエル政府はソーシャルメディア(SNS)などに広がったワクチンに対する誤った情報を正そうとも努力した。テレビなどメディアに医学専門家が頻繁に出演し、ワクチンに対する漠然とした不安を払拭させたとテレグラフは伝えた。 戦争のような速度で英国を抜いた、対人口比ワクチン接種率1位の国は(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP