주요 기사 바로가기

1000万人分としていたアストラゼネカのワクチン、来年2月に75万人分が韓国へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.23 08:26
0
英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン75万人分が来年2~3月に韓国にやってくる。韓国政府核心消息筋は22日、「来年供給されることになったアストラゼネカのワクチン1000万人分のうち75万人分を2~3月にまず調達することを確約した」と明らかにした。韓国政府は8日にこのワクチンが来年2~3月から韓国国内で供給されると明らかにしたが、1次分の供給量がどれだけになるかは公開していなかった。

保健福祉部関係者は「英国で承認が下り次第来年1-3月期の分をアストラゼネカに注文する予定。4月以降分の導入時期も繰り上げようと努力中」と明らかにした。1人当たり2回接種しなければならないこのワクチンは年末か年初に英国で初の緊急使用承認を受けると予想されている。

政府は同社のほか、ファイザー、モデルナ、ヤンセンなどから合計3400万人分のワクチンを確保したと主張するが、現在まで契約書を書いたのはアストラゼネカが唯一だ。保健福祉部は契約書にワクチン導入時期が明示されていないという事実などが明らかになり2~3月の供給可能性に対する疑問が提起されると「確実に来年2~3月に入ってくる。信じてほしい」と明らかにしたりもした。

保健福祉部関係者は「企業ごとに標準契約書の様式と交渉方式が異なり、守秘義務のためいちいち説明することはできない側面もある。アストラゼネカとは協議を続け四半期別のワクチン供給量を概略的に決めた状態で、韓国国内の接種計画に基づいて必要量を注文し供給される形で需給がなされるだろう」と話した。

この関係者は「75万人分は総購入量の7.5%にすぎない」という指摘に対し、「ワクチンは保管・流通問題のため一度での供給は難しい。1次供給分は防疫現場、医療機関従事者など必須接種人材が十分に受けられる量」と話した。

韓国政府はファイザーとも来年上半期中のワクチン供給を目標に交渉を進めているが状況は容易でない。政府核心消息筋は「ワクチン数万人分でも先にほしいと要請したが、ファイザー側は7-9月期に供給が可能という立場」と伝えた。ワクチン導入に関与したある専門家は「韓国も主要先進国のように7~9月にファイザーとモデルナとの購入契約を急いでいたなら一部でも先に確保できただろう。当時はファイザーなどがもっと積極的だったのに韓国当局がより良い条件で契約しようと余裕を見せた」と話した。

韓国政府は現在臨床第3相試験終了の可能性があるとみられる他のワクチンに力を入れている。疾病管理庁関係者は「来年1-3月期に臨床試験完了が予想される米ノババックスのワクチンを来年上半期中に確保できるよう交渉中。来年初めには安全性・有効性などがより良いワクチンが出ているとみられるが、こうした次期ワクチンを積極的に確保する方針」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    1000万人分としていたアストラゼネカのワクチン、来年2月に75万人分が韓国へ

    2020.12.23 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    ワクチン
    TOP