주요 기사 바로가기

ドルの対ウォン相場14ウォン急落で1ドル=1160.3ウォン…1月以来の最低値

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.19 09:06
0
ドルの対ウォン相場が18日、急落した。

この日、ソウル外国為替市場では、前日終値比14.1ウォンのドル高ウォン安となる1ドル=1160.3ウォンで取引を終えた。

終値基準で、約8カ月前の1月20日(1158.1ウォン)以来の最低値だ。

ウォン相場は今週、世界的な人民元強勢に連動して終値基準1170ウォン台に進入した。その後、次第に下げ幅を拡大し、この日は1169.5ウォンで取引が始まり、場中1160.1ウォンまで底点を低くした。

ウォン相場は今年6月中旬以降、一桁数の騰落を維持していたが、この日は10ウォン以上の下げ幅を記録した。

相場は一旦1180ウォン台のボックス圏を抜け出すと、ドル売りの注文が集まって大幅な下落につながったという解釈だ。

有価証券市場で、外国人の買い越し額が1400億ウォン(約125億6500万円)以上になったことも今回の下落に影響を及ぼした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドルの対ウォン相場14ウォン急落で1ドル=1160.3ウォン…1月以来の最低値

    2020.09.19 09:06
    뉴스 메뉴 보기
    18日、ドルの対ウォン相場が急落した。
    TOP