주요 기사 바로가기

【コラム】文大統領の危険な勝負手(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 09:35
0
逆に考えてみよう。もし文大統領が「所得主導成長の結果が悪いから政策を変える」としたとすれば、どのようなことが起きたのだろうか。2018年夏にしばらくそのような兆しを見せると、正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)議員は「所得主導成長を捨てて所得放棄成長をするということか」として非難した。民主労組と参加連帯も「従来の政策を強化してさらに攻撃的な財政政策を展開してほしい」と圧力をかけた。その後、大統領の発言は「非常に痛い地点」→「所得主導政策の効果をあげるには時間がかかる」→「韓国経済は正しい方向に向かっている」というような話法を繰り返した。かえって政策転換や協力政治・不偏不党を期待したのが純真な考えだった。

青瓦台の人々が語るもう一つの共通分母は政権再創出に失敗するかもしれないという漠然とした恐怖だ。文大統領は盧武鉉氏のそばで総選挙・大統領選挙に敗北する場合、どのようなみじめな末路を迎えるのか最も近くで見守った。そのせいか昨年末から無理に選挙法を直して総選挙の変数になり得る検察の捜査は急いで無力化している。捜査の矛先がチョ・グク氏に続いて金慶洙(キム・ギョンス)氏・ユン・ゴンヨン氏・ぺク・ウォヌ氏・チョン・ギョンドゥク氏にまで向けられると「検察改革」という名で「尹錫悦(ユン・ソクヨル)ライン」を直接除去した。想像することさえ難しかったことを全く恥を感じずに全うしている。

これ以上陣営論理かどうかを問い詰めるのは贅沢なことだ。文大統領は4月の総選挙を全面戦争であり、最後の勝負所とみて報告総力戦を覚悟している。これに比べて依然として保守野党圏はさ迷っており、安哲秀(アン・チョルス)前議員まで帰国した。だが、過去10年を振り返れば安哲秀氏の新しい政治は「火田民政治」だった。土壌の良い首都圏や湖南(ホナム)地域に戻って火をつけて一時期の収穫を得てから荷物をまとめた。中道を掲げた彼の新しい挑戦が成功するかどうかは様子を見守ることだ。今度は火をつける空間さえ見当たらない。

与党は保守の分裂と南北イベントを期待する様子だ。だが、4月の総選挙は1対1の正面対決でいく雰囲気だ。民主党の暴走と外部の圧迫で韓国党-新しい保守党が力を合わせる可能性は高まっている。朴槿恵(パク・クネ)前大統領が保守統合の代わりに分裂のメッセージを出すことも難しい。文大統領が「進歩+湖南」の固定支持層で勝負手を打つことにともなう逆風だ。

現在の世論調査を見ると、とりあえず文大統領の計算通りに流れる有利な局面だ。だが、一昨日検察のチョ・グク氏の控訴状には不吉な影がちらついている。親文実力者が一丸となって柳在洙(ユ・ジェス)前釜山市副市長を救うことに出たのだ。「味方も分からないのか」「共に苦労したわが家族だから勘弁してほしい」「青瓦台が金融圏を牛耳るためにはそのような人物が必要だ」…。

4年前、「親朴(朴槿恵前大統領寄り」も世の中を義理と裏切りに分けた。味方に限って「真実な人」と言い張って総選挙に敗北し、弾劾のどん詰まりに転がり落ちた。3カ月後には政権が審判を受けるか野党が審判されるか運命的な別れ目が近づいている。いつのまにか総選挙が大統領選のように重くなってしまった。

イ・チョルホ/中央日報コラムニスト

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP