주요 기사 바로가기

ポン・ジュノ監督、「作家主義を自ら立証」是枝裕和監督の新作を絶賛

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.11.13 09:59
0
ポン・ジュノ監督が是枝裕和監督の新作『真実』を絶賛した。

『真実』は伝説的な女優ファビエンヌ(女優カトリーヌ・ドヌーヴ)が自身の人生に対する回顧録を発刊し、娘のリュミール(女優ジュリエット・ビノシュ)と久しぶりに会ってその間の誤解と隠された真実を突き止めていく話を描いた作品。最近、ポン・ジュノ監督の推薦映像を公開されて注目を集める。

是枝裕和監督と親しい関係として良く知られたポン・ジュノ監督は是枝裕和監督の初めての海外グローバルプロジェクト『真実』に「是枝裕和監督の繊細ながらも思慮深い人間の心を温かく照明したそのようなタッチがそのまま生きている映画」であり「本人の映画を通じて作家主義監督であることを自ら立証した作品」と伝え、背景をパリに移したが監督自身の色を失わずに一層輝く作品で戻ってきた是枝裕和監督に尊敬を表わした。

また、ポン・ジュノ監督は主演俳優が見せた熱演にも絶賛を惜しまなかった。伝説的な女優ファビエンヌ役を演じたカトリーヌ・ドヌーヴに「微妙な人間の感情を表現する演技が非常に圧倒的」という絶賛し、俳優イーサン・ホークの貫ろくに驚きを表わして「非常に余裕がありながらも緩いユーモアを見せる」と伝えた。また、ジュリエット・ビノシュの「映画の緊張感を維持させる微細なエネルギー」に関しても欠かさず絶賛し、映画のすべての助演とエキストラが立派なハーモニーをつくっていると伝えた。

最後にポン・ジュノ監督は「是枝裕和監督の映画では見られなかったもう少し希望的かつ肯定的で、若干楽天的ともいえる美しい余裕のようなものが染み出る映画」であり「過去と現在の複雑な関係のために苦しむ方々がこの映画を見れば、妙に慰められる映画」と話した。『真実』は12月5日公開する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ポン・ジュノ監督、「作家主義を自ら立証」是枝裕和監督の新作を絶賛

    2019.11.13 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    ポン・ジュノ監督
    TOP