주요 기사 바로가기

サムスン電子、アップル・MSに次いで世界デジタル先導企業3位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.14 16:03
0
米フォーブスが発表した世界「デジタル先導企業」でサムスン電子が3位になった。

業界などによるとフォーブスは年初、「グローバル2000大企業」のうちデジタル業種を対象に「100大デジタル企業」を発表した。ランキングの基準は売上高と営業利益、資産、時価総額などだ。

フォーブスはサムスン電子を半導体など電子製品やコンピューター周辺機器などを生産する企業と紹介し、今年の「最も尊敬される企業」26位、「グローバルブランド価値」7位、「最高の雇用主」76位と伝えた。

1位はアップルで、2位はマイクロソフト(MS)だった。このほかグーグルの親会社アルファベット、AT&T、アマゾン、ベライゾンなど米国企業が上位を占めた。韓国企業ではサムスン電子のほか、SKハイニックス(28位)、(株)SK(60位)、SKテレコム(67位)などが順位に入った。

国別には米国企業が38社で最も多く、日本が13社、中国が9社だった。韓国はオランダと同じく4社で4番目に多かった。

中国企業ではアリババ(10位)、日本企業ではソフトバンク(12位)の順位が最も高かった。ただ、香港と台湾まで含めると、中国系企業は計14社となり、米国に次いで多い。

業界関係者は「中国は世界で携帯電話とインターネット使用者が最も多く、創業も活発で、デジタル時代に企業の成長に有利な環境」とし「韓国はサムスン電子やSKハイニックスなど半導体企業が世界最高水準だが、世界市場で競争力があるIT企業の数は相対的に少なく、育成案が急がれる」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、アップル・MSに次いで世界デジタル先導企業3位

    2019.10.14 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    フォーブスが発表した「100大デジタル企業」リスト [フォーブスウェブサイト]
    TOP