주요 기사 바로가기

「グローバル100大ブランド」に韓国企業サムスン電子が唯一…日本は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.19 07:54
0
欧州ブランド研究所(EBI)が選定した「グローバル100大ブランド」で、アップル、グーグル、マイクロソフト(MS)など米国のIT企業が最上位圏を占める中、中国企業が12社も含まれるなど、中国企業のブランド価値が急成長したことが分かった。

オーストリア・ウィーンに本部があるブランドコンサルティング機関EBIが最近発表した「グローバル100大ブランド企業ランキング」で、アップルが1533億1500万ユーロのブランド価値で昨年に続いてトップを守り、グーグル、MS、アマゾン、フェイスブックの米国IT企業が「トップ5」を占めた。アマゾンは昨年より2つ、フェイスブックは5つ順位が上がった。

「グローバル100大ブランド」で韓国企業は19位のサムスン電子が唯一だった。サムスン電子の今年のブランド価値は392億7500万ユーロ(約5兆円)と、昨年(351億2600万ユーロ)に比べて11.8%も増加した。

順位も昨年の23位から4つ上がり、世界半導体業界で最大のライバルのインテル(21位)を上回った。インテルはブランド価値が前年比3.9%増の365億8200万ユーロで、順位が1つ上がるのにとどまった。

アジアのブランドでは中国通信大手チャイナモバイルが10位で最も高く、中国最大の電子商取引企業アリババ、中国IT企業テンセントがそれぞれ14位、16位でサムスン電子よりも高かった。

日本企業ではトヨタが26位でブランド価値が最も高く、NTTグループ(51位)、ホンダ(79位)が後に続いた。

100大ブランドを国別に見ると、米国が48社でほぼ半分を占め、ブランド価値総額は全体の58.5%にのぼった。次いで中国(12社)、ドイツ(9社)、英国(7社)、フランス(6社)、日本(4社)などの順だった。

EBIは報告書で「中国企業の全体のブランド価値が昨年より63.8%も増え、最も成長が速い」とし「米国企業が最も多いが、価値は0.7%増にとどまった」と説明した。

EBIのグローバル100大ブランド企業ランキングは世界16業種の約3000社を対象にブランド価値を算定して順位をつける。

財界関係者は「100大ブランドのうち中国企業は昨年の9社から今年は12社に増え、順位も急上昇した」とし「韓国企業が1社だけというのは残念だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP