주요 기사 바로가기

ソニーとハイニックスの部品使っていたLGのスマホにサムスンのセンサー搭載

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.10 10:16
0
11日から販売を始めるLGエレクトロニクスの下半期戦略スマートフォン「V50Sシンキュー」にサムスン電子が開発したイメージセンサーが搭載されたことが9日までに確認された。10年後の「システム半導体世界1位」を目標に掲げたサムスン電子半導体部門とモバイル市場での生き残りに向けより良いスマートフォンを出さなければならないLGエレクトロニクスの利害関係が合致したとみられる。

◇V50Sの3200万画素インカメラ、サムスンのアイソセルを搭載

電子業界によると、LGエレクトロニクスMC事業本部はV50Sシンキューのインカメラにサムスン電子が開発した3200万画素のイメージセンサー「アイソセルブライトGD1」を搭載した。サムスン電子システムLSI事業部が昨年10月に発表したセンサーで、画素数だけ見ればV50Sのメインカメラの1200万画素に比べスペックがはるかに高い部品だ。

LGエレクトロニクス関係者は「前作に使った日本製部品の代わりにサムスン電子のイメージセンサーを使うことになった。優秀な部品ならばベンダー(供給業者)がどこでも関係ない」と明らかにした。8Kテレビや乾燥器などテレビと生活家電で激しい神経戦を展開している両社の関係に照らしてみると、LGがサムスンから部品の納品を受けるのは極めて異例だ。

前作のV50では日本のソニーとSKハイニックスのイメージセンサーを使った。V50シンキューのインカメラは800万画素だった。

◇LG「優秀な部品ならベンダーがどこでも関係ない」

V50Sのインカメラは前作V50との差別化ポイントだ。V50のデュアルインカメラ(一般800万画素、広角500万画素)と比較するとカメラの数は減ったが、サムスン電子の3200万画素の高解像度センサーを搭載したためだ。LGエレクトロニクスは「個人動画放送と自撮り需要を反映しメインカメラに匹敵する結果を得られるようにした」と明らかにした。

受光面積も前作のV50より広くなった。V50は受光面積が4分の1インチにすぎなかったが、V50Sに使われたサムスンのイメージセンサーは2.9分の1インチだ。

センサーが大きくなれば光を受ける面積が広くなり、1画素当たり面積も増え写真と動画の品質を高めるのにつながる。LGエレクトロニクスは改善されたカメラ仕様を基に手ぶれ補完技術(OIS)、F値(明るさ)、低照度補完などソフトウェアの部分でも最適化作業を進めインカメラの品質を引き上げた。

サムスン半導体もやはりLGエレクトロニクスにイメージセンサーを販売し事業者間取引(B2B)顧客を増やすことになった。サムスン電子関係者は「顧客より先に納品現況を明らかにすることはできないが、該当のセンサーはサムスンが開発した」と答えた。

市場調査会社のIHSマーケットによると、昨年のイメージセンサー市場でサムスンは2位の19.8%で、1位は日本のソニーの49.2%だった。イメージセンサー世界1位を目標にするサムスン電子システムLSI事業部の立場ではスマートフォンメーカーであるLGエレクトロニクスが顧客に加われば売り上げと市場影響力が増える効果を得られる。

◇サムスン半導体-LGモバイル「ウィン・ウィン」

最近スマートフォン市場では中国のファーウェイが高解像度、大面積イメージセンサーのトレンドを主導しつつある。ファーウェイが昨年「P20」を発売し4000万画素のイメージセンサーを搭載しカメラ性能を向上してからメーカー間でカメラ競争が再度起きた。アップルも同じ理由でiPhone11Proにトリプルカメラを搭載した。

サムスン電子も来年発売するギャラクシーの新製品には既存の2.55分の1インチセンサーの代わりにさらに大きいイメージセンサーを搭載する計画だと伝えられている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソニーとハイニックスの部品使っていたLGのスマホにサムスンのセンサー搭載

    2019.10.10 10:16
    뉴스 메뉴 보기
    V50Sのマーケティングポイントは3200万画素のインカメラだ(赤い円)。LGはサムスンの高解像度センサーを搭載した後、最適化作業を通じてインカメラにもメインカメラのような性能を実現したという。[写真 LGエレクトロニクス]
    TOP