주요 기사 바로가기

韓経:資本輸出で稼いだ金額、韓国42億ドルvs日本1899億ドル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.01 09:19
0
日本の年金基金や金融機関などが昨年海外で稼いだ投資所得(配当・利子所得)は2971億ドルだ。外国人投資家が日本で配当と利子として得た金額1072億ドルの3倍に迫る。海外金融投資を通じた収入から支出を差し引いた投資所得収支(純投資所得)は1899億ドルに達した。日本の昨年の商品・サービス収支(約40億ドル)と比較するとはるかに大きな金額を海外投資で稼いだ格好だ。

これに対し韓国の海外金融投資実績はみすぼらしい。30日に韓国銀行と金融投資業界が明らかにしたところによると、韓国の昨年の投資所得収支は42億ドルにとどまった。日本の45分の1水準だ。経常収支黒字764億ドルで占める割合も5.6%とわずかな水準だ。

韓国も日本のように商品輸出で蓄積した資本を輸出し新たな付加価値を創り出さなければならないという声が大きくなる理由だ。製造業輸出だけで成長するのは限界に直面したためだ。資本輸出で国富を増やし低成長にともなう衝撃を吸収しなければならないと指摘される。

韓国の年金基金と金融投資会社など大口の「Kマネー(韓国のグローバル投資資金)」は海外資産に積極的に投資している。今年はグローバル投資銀行と本格競争しランドマーク資産を席巻している。未来アセット金融グループは最近米国の主要拠点にある58億ドル規模の最高級ホテル15カ所を買収した。未来アセットグループのパク・ヒョンジュ会長は「主要国の中央銀行は資産の60%を基軸通貨であるドルで保有している。景気が不確実なほどグローバル安全資産を確保するのが至急だ」と話した。

スティックインベストメントのト・ヨンファン会長は「海外投資を通じた所得は未来の最も重要な収益源。韓国の先進国入りの可否は資本輸出にかかっている」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP