주요 기사 바로가기

韓経:日本の素材輸出許可物量がすべてサムスン向けの理由…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.02 09:29
0
日本政府が輸出規制措置以降3回にわたり半導体素材の韓国向け輸出を許可したが、すべてサムスン電子に納品されるものだった。サムスンと違いSKハイニックスは2カ月間物量を確保できておらず背景に関心が集まる。

1日の業界などによると日本の経済産業省は7月に韓国をホワイト国(輸出手続き簡素化国)から除外する方針を明らかにしてから韓国向けの半導体素材輸出を3回許可した。先月7日と19日にそれぞれ極端紫外線(EUV)用フォトレジスト(感光液)の輸出を許可した。続けて同月29日には規制措置以降初めてフッ化水素の輸出を許可した。韓国に輸入されるフォトレジストとフッ化水素はいずれも韓国国内の協力会社を通じてサムスン電子に納品されるものだった。サムスン電子に続きメモリー半導体世界2位であるSKハイニックス向けの素材はなかった。

半導体業界では、SKハイニックスの事業構造がサムスン電子と違っているためにこうした現象が起きたとみている。フォトレジストはウエハーに回路を描く工程で使われるが、日本が規制するEUV用フォトレジストはメモリー半導体ではなくシステム半導体のEUV工程に必要だ。メモリー半導体中心のSKハイニックスはEUV用フォトレジストを確保する必要がない。

また、フッ化水素が必要なメモリー半導体部門ではSKハイニックスの生産量がサムスン電子に比べて少ない。日本から輸入するフッ化水素の量もサムスン電子がSKハイニックスよりはるかに多く、輸入許可が早く出たというのが業界の見方だ。世界のDRAM市場のシェアはサムスン電子が45.7%でSKハイニックスの28.7%に比べ高い。NAND型フラッシュ部門ではサムスン電子が34.9%、SKハイニックスが10.3%と格差はさらに大きい。

サムスン電子がメモリー半導体をはじめ、スマートフォンやテレビなどで世界1位のグローバル企業という象徴性のため日本政府がサムスン電子向けに物量をまず配分したという分析も出ている。ただ日本が現在のように半導体素材輸出を制限的に許容すればSKハイニックスも近く物量を確保する可能性が大きいというのが業界の観測だ。業界関係者は「SKハイニックスも近く協力会社を通じ日本製フッ化水素の納品を受けられるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP