주요 기사 바로가기

韓経:韓国、第4次産業革命の特許競争力で日本に大きく後れを取っている

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.27 10:13
0
韓国の第4次産業革命分野の標準特許が日本の4分の1水準に止まることが明らかになった。海外特許出願も日本の半分にも及んでいないことが分かった。

自由韓国党のキム・ギュファン議員は26日、特許庁が提出した「知識財産関連韓日比較」の資料によると、2018年末を基準としてモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、知能型ロボット、ビッグデータ・クラウド、3Dプリンターなど4次産業革命の5大分野の標準特許は日本は371件、韓国は106件となった。標準特許は国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)、国際電気通信連合(ITU)など国際標準化機構が定めた標準技術を含む特許だ。該当特許を利用しなくては関連製品を生産することがほとんど不可能だ。

海外特許出願も日本と大きな差を見せるということが分かった。2017年を基準として日本の海外特許出願は19万9006件であることに比べて韓国は6万7245件で、3分の1水準だった。韓国内出願1件当たり海外出願も韓国は0.42件で日本(0.77件)の半分水準にとどまった。

優秀特許の割合も韓国が日本に後れを取っている。2013~2017年米国に登録された韓国特許の中で優秀特許の割合は18.7%であるのに比べて日本の優秀特許の割合は21.8%だった。特許審査の処理期間も韓国が日本より長かった。2018年を基準として韓国特許庁の1件当たり平均特許審査処理期間は10.3カ月だが、日本は9.3カ月で平均1カ月が短かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP