주요 기사 바로가기

韓経:KT会長「韓国が5G主導…米中日は追いつけない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.28 10:51
0
KTの黄昌圭(ファン・チャンギュ)会長が「第5世代(5G)移動通信市場はKTを中心に韓国が主導するだろう」と強調した。米クアルコムがKTが出した基準通りに5Gモバイル チップ設計を終わらせたため、5G競争で米国、中国、日本は追いつけないと自信を見せた。黄会長はまた、来年3月に任期を終えKT会長から退くという意向を初めて明らかにした。

◇「アップルのティム・クックCEOと5G協力協議」

黄会長は25日にスイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF、ダボスフォーラム)に参加した後に記者懇談会を開き、「米国と中国が互いに5Gサービスを先にやると言っているがわれわれが5Gサービスを主導するだろう」と話した。昨年に続きダボスフォーラムに来た黄会長は今年WEF創設者のクラウス・シュワブ氏の招きを受けグローバル100大企業最高経営責任者(CEO)が参加する国際ビジネス委員会(IBC)に参加した。

黄会長は「4G技術は日本と欧州、米国の通信会社が同時多発的に開発し最終勝者がいなかった。5GはKTがすでに標準を開発し、昨年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を通じて一部商用化した上に、クアルコムもわれわれの基準通りにチップ設計を終えており、世界でついてこられる競争者がいない」と断言した。続けて「ファーウェイを前面に出した中国が5Gを主導するというが、ファーウェイはあくまでも通信装備メーカー。KTは通信装備のようなハードウェアとネットワークだけ生産するのではなく5Gを使うすべての企業が使うしかないソフトウェアとプラットフォームを開発するだろう」と話した。初期には5G技術を拡散するために各国の通信会社と通信装備会社に無料でソフトウェアを普及させた後、一定期間が過ぎてから特許料とコンサルティング費を得られるというのが黄会長の説明だ。

黄会長は「3月にはサムスン電子がKT標準で5Gスマートフォンを出し、シャオミとファーウェイも相次いで発売するだろう。アップルも早ければ年末に5G専用端末を発売できる」と予想した。黄会長は今回のダボスフォーラムでアップルのティム・クックCEOと8年ぶりに会った。彼は「アップルも5Gを早く準備すべきと助言し、クックCEOは『5Gを見るために韓国を訪れたり黄会長を米国に招きたい』と話した」と伝えた。

◇「5Gで製造業の生産性40%改善」

黄会長は5G技術が本格商用化されれば製造業が最初に変わるものと予想した。彼は「4Gは通信速度を速くするのにとどまったが、5Gは速度だけでなく連結性と反応速度まで画期的に改善し製造業にすぐ適用できる」と説明した。続けて「ポスコと現代重工業がKTの5G技術を採択して生産性が上がり不良率が落ちた。初期に一部工程にだけ5G技術を適用したが生産性が40%ほど上がった」と付け加えた。このほか自動運転車と遠隔診療、サイバーセキュリティなどの分野が5G技術の大きな受恵者になると予想した。

黄会長は昨年のダボスフォーラムで情報通信技術(ICT)を活用したグローバル感染病拡散防止事例を発表し、今年のフォーラムではローミングデータを活用した感染病追跡事例と医薬品運送プロジェクトを公開した。KTが開発した飛行船形態のスカイシップは運航距離200キロメートル、積載限度5キログラムと、一般的にワクチン運送に使われるドローンの2倍以上の性能を持つ。

来年3月に任期を終える黄会長は「若くて有能な人材が経営を引き受けるよう望む」として経営の第一線から退く意向を公の席で初めて明らかにした。2014年にKT会長に就任した黄会長は経営成果を認められ2017年3月に再任に成功した。彼は「通信企業を6年間率いるというのはあまりに荷が重い。リタイア後は情報技術(IT)人材を育てるのに寄与したい」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:KT会長「韓国が5G主導…米中日は追いつけない」

    2019.01.28 10:51
    뉴스 메뉴 보기
    KTの黄昌圭会長(右)が22日にダボスフォーラム国際ビジネス委員会(IBC)ウィンターミーティングでアップルのティム・クックCEOと会って5Gなどの協力案を話し合った。(写真=KT提供)
    TOP