주요 기사 바로가기

「前例のない規模で興行に赤信号」…アシアナ航空、来週売却予備入札

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.27 10:53
0
「前例がない大きな市が立ったが見物人すら見られない」。

アシアナ航空売却に対する財界関係者の観戦評だ。アシアナ航空売却興行に赤信号が灯った。売却の知らせが初めて伝えられた4月のような関心は消えた。アシアナ航空売却主幹事のクレディスイス証券は来月3日に予備入札をする予定だ。だが入札に参加するという企業は見られない。予備入札は開かれてもいないが、財界では流札説まで出ている。アシアナ航空売却を主導し興行を予想した主債権銀行の産業銀行も立場が苦しくなった。

売却公告1カ月を迎えた今月25日基準で買収戦参加を正式に宣言した企業は愛敬(エギョン)グループがすべて。愛敬グループはアシアナ航空買収戦参加をめぐり内部で検討を進めているが、予備入札への参加は不透明だ。愛敬グループ関係者は26日、「内部的に買収検討を進めているが、参加するかどうかは確定していない」と話した。

当初格安航空会社(LCC)のチェジュ航空を所有している愛敬グループが積極的に参入するだろうとの見通しが多かった。だが韓日関係悪化にともなう路線縮小などでチェジュ航空の収益性が悪化し愛敬グループも苦悩に陥った。チェジュ航空は今年4-6月期に営業損失274億ウォンを記録し20四半期ぶりに赤字に転落した。韓日関係悪化は長期戦になるだろうという見通しが出ており、チェジュ航空の7-9月期黒字転換の可能性は小さくなっている。LCCの収益性悪化により愛敬グループがアシアナ航空を買収してもシナジーを出しにくいだろうという見通しも市場では出ている。

今月末に一部投資銀行を中心に愛敬グループとGSグループがアシアナ航空買収に向けたタスクフォースを設けたという説が出回ったが、両社ともこれを否定している。愛敬グループ関係者は「タスクフォース構成は事実でない。会ったこともなく協議したこともない」と話した。

これまでアシアナ航空買収候補として議論されていたSKグループとハンファグループも消極的な姿だ。SKグループ関係者は「SKグループ内部的にアシアナ航空買収を検討したことはない。買収戦の話が出てきた直後から立場は変わっていない」と話した。ハンファグループ内部でも予備入札を控え特別な気流は観測されていない。ただグループレベルで積極的に買収戦参加を否定するSKグループと違い、ハンファグループは今回の買収戦に対し否定も肯定もしていない。ハンファグループ系列会社ではアシアナ航空買収を考慮していないとの立場を明らかにした。ハンファエアロスペースのシン・ヒョンウ社長が代表的だ。シン社長は6月にアシアナ航空買収について「検討したこともなく、まったく考慮していない」と話した。CJグループと新世界グループもアシアナ航空買収をめぐり内部検討を進めたとされるが、現在買収カードは下げた状態だ。

市場では2兆ウォンを超えると予想する買収資金が興行を妨げているという見方が出ている。アシアナ航空の赤字も負担だ。アシアナ航空は4-6月期に連結基準1241億ウォンに達する赤字を出した。韓日関係悪化などにより下半期は赤字がさらに激しくなる恐れがあるとの観測も出ている。

これに伴い、アシアナ航空売却方式が錦湖(クムホ)産業と産業銀行が固執する一括売却方式ではなく分離売却に変わるだろうという見通しも出ている。予備入札の興行により売却方式が変わる可能性もあるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「前例のない規模で興行に赤信号」…アシアナ航空、来週売却予備入札

    2019.08.27 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    アシアナ航空
    TOP