주요 기사 바로가기

「アシアナ旅客機、日本の空港に許可がないまま滑走路進入」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.23 07:42
0
アシアナ航空旅客機が沖縄県那覇空港で管制許可なく滑走路に進入して制止を受けた。

韓国国土交通部(以下、国土部)航空鉄道事故委員会はこれを「準事故」とみて正確な状況を確認中だ。準事故は重大な損傷・破損または構造上の欠陥など事故に発展しかねなかった事件を意味する。

22日、NHKの報道と国土交通部、アシアナ航空などによると、21日午後1時ごろ、アシアナ航空旅客機が管制官の許可がないまま滑走路に進入した。当時、旅客機は離陸のために乗客をすべて乗せた後で滑走路に移動していた。

NHKは、当時、管制官が止まるよう指示したが、該当旅客機の機長がこれに従わず滑走路に進入したことが確認されたと報じた。ただし、機長が管制官の信号を認知していたかどうかについては確認されていない。

滑走路に進入した旅客機のために着陸許可を受けて空港で着陸準備をした日本トランスオーシャン航空旅客機が滑走路の手前3.7キロ付近で再び高度を上げた。この旅客機は約20分後に着陸した。幸い、今回のことでけが人は発生しなかった。

日本の航空当局はこれを「重大インシデント」とみて調査している。NHKはアシアナ航空側が「今回のトラブルはあってはならないことで、今後、同様の事例が発生しないよう、再発防止を図りたい」という立場を伝えたと報じた。

韓国国土交通部もこの日アシアナ航空から今回の事故に関連した管制記録などを提出させてこれを調べている。国土部関係者は「今回の事件は準事故に該当するとみられる」とし「国土部航空鉄道事故調査委員会が当時の状況を正確に調査した後に結果を送ってくれば相応する処分を下す計画」と話した。

アシアナ航空が提出した資料には機長が那覇空港管制観の停止指示を十分理解できずに滑走路に進入した情況が入っていたとみられる。

アシアナ航空関係者は「当時の正確な状況を確認中で、日本の航空当局と国土部の調査に誠実に協力する」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「アシアナ旅客機、日本の空港に許可がないまま滑走路進入」

    2019.07.23 07:42
    뉴스 메뉴 보기
    アシアナ航空旅客機
    TOP