주요 기사 바로가기

<U18野球>韓国、台湾を破って優勝…後輩がAG敗戦を雪辱

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.09.11 09:31
0
野球のU18韓国代表がアジアの頂点に立った。キム・ソンヨン監督(ヤタプ高)が率いるU18(18歳以下)韓国代表が10日、日本宮崎サンマリンスタジアムで行われたU18アジア選手権の決勝で台湾を7-5で降した。接戦が続き、危機もあったが、これを乗り越えて勝利した。アジア競技大会での台湾戦の敗北を後輩が雪辱した。韓国は同大会5回目の優勝。

韓国は1回裏に先取点を許した。しかし2回表、日本戦で決勝打を放った4番打者キム・デハンが右中間にソロ本塁打を放って同点に追いついた。4回にはキム・ヒョンスのタイムリーで2-1と逆転に成功した。

しかし6回裏に韓国の野手の集中力が落ちた。失策が続いて2-2の同点、さらに2-3と逆転を許し、最悪の流れとなった。しかし7回表、今度は台湾の守備が乱れて3-3の同点に追いついた。この日の試合の流れを変えたのはすべて失策だった。

結果も失策で決まった。試合は3-3の同点で10回から延長タイブレークに入った。韓国は台湾の失策などで一挙4点を挙げて勝負を決めた。韓国もその裏に2失点したが、7-5で勝って優勝を決めた。

韓国はアジア競技大会の予選で台湾に敗れて衝撃を受けた。実力差が狭まったことを痛感した。両国の野球の未来を眺める今大会での正面対決の結果は非常に重要だった。後輩たちは先輩たちとは違う結果を出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP