주요 기사 바로가기

<野球>韓国、日本の壁を越えられなかったが…若手投手に希望見えた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.20 08:57
0
韓国野球は結局、日本野球の壁を越えることができなかった。韓国代表は19日、東京ドームでアジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)の決勝戦を行い、日本に0-7で敗れた。大会は日本の優勝で終わった。この日の敗戦で韓国の日本戦の通算成績は20勝23敗となった。1勝2敗で大会を終えた韓国は準優勝となり、賞金500万円を受けた。韓国の投手は計8つの四球を与え、精巧な日本の打者を防ぐことができなかった。先発の朴世雄(パク・セウン、22、ロッテ)は3イニングを投げ、3安打3四球(4奪三振)1失点だった。

救援投手が安定しなかった。朴世雄に続いて登板した沈載敏(シム・ジェミン、23、kt)は二死から連続で四球を許し、満塁の危機を迎えた。続いて5、6、7回に金明信(キム・ミョンシン、24、斗山、1失点)、金潤東(キム・ユンドン、24、起亜、2失点)、金大鉉(キム・デヒョン、20、LG、2失点)、李ミン鎬(イ・ミンホ、24、NC、1失点)が立て続けに失点した。韓国打線は制球力が優れた日本先発の田口麗斗(22、読売)に7回まで3安打(6三振)に抑えられた。

今大会はアジア野球の発展のために韓国野球委員会(KBO)、日本野球機構(NPB)、台湾プロ野球リーグ(CPBL)が共同で準備した国家対抗戦だ。出場資格を満24歳以下またはプロ入団3年目以下の選手に制限した。1チームあたり3選手がオーバーエージ(満25歳以上またはプロ入団4年以上)枠で出場できるが、韓国は若手選手の実力を向上させるためにオーバーエージ枠を使わなかった。

韓国は今大会を1勝2敗で終えたが、将来が期待される投手を発掘したのが収穫だ。16日の日本との開幕戦(7-8敗)で先発の張現植(チャン・ヒョンシク、22、NC)が5イニングを4被安打・2四球・2奪三振・1失点(非自責点)と好投した。

右投げ正統派の張現植は150キロのストレートと鋭いスライダーで日本の打者を抑えた。特に張現植は日本戦向けの投手であることを証明した。コンタクト能力が良く打者のタイミングを外す独特の投球フォームで俊足の日本打者を効果的に防いだ。張現植は走者がいない時、両手を頭の上まであげながら力をためて投げる。日本の打者はこのような独特なフォームに慣れていなかった。走者が出れば足を高く上げずクイックモーションで投げる。宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督(54)は「投球フォームとスライドステップで日本の機動力を封じた」とし「直球は真っ直ぐに入っても簡単には打てないほど良かった」と評価した。

右投げサイドアームの林起映(イム・ギヨン、24、起亜)は17日の台湾戦(1-0勝利)に先発した。7イニングを2被安打・3四球・7奪三振の無失点に抑え、勝利投手になった。台湾は林起映に対応するため左打者を7人も先発ラインナップに入れた。左打者は右腕サイドアーム投手のボールを長く見ることができるため有利だ。宣監督は「林起映はサイドスローだが、チェンジアップが良く、むしろ左打者に強い。好投するはず」と期待を表した。

林起映は期待に応えてチェンジアップを武器に台湾の打者を抑えた。台湾の打者はチェンジアップを分かっていても打てなかった。台湾代表の洪一中監督は「林起映は制球力と変化球が素晴らしかった。台湾にはこのようなタイプの投手がいないため打者は打撃ポイントをつかめなかった」と認めた。専門家らは「(林起映のおかげで)今後10年間は台湾戦の心配は軽くなった」という反応を見せた。

ブルペンの朴晋亨(パク・ジンヒョン、23、ロッテ)と長必峻 (チャン・ピルジュン、29、サムスン)の活躍も印象的だった。両投手は日本戦でそれぞれ1イニング2/3、1イニングを無失点に抑えた。台湾戦にも登板して好投した。特に長必峻は相手選手分析資料を後輩たちに配るなど代表チームの最年長としての役割も果たした。29歳の長必峻は年齢は出場資格(満24歳以下)に合わないが、プロ3年目以下(2015年入団)の資格で出場した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP