주요 기사 바로가기

韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.05 15:03
0
◆『鬼郷』-大義のためだとして女性を再び見世物に

最後に男映画は女性のからだを見世物にしたり道具化したりする。『鬼郷』を男映画だといえば少々具合が悪いかもしれない。慰安婦被害者に謝罪の一言もない日本を告発するこの映画は、倫理的には立派そうに見える。公開前後の団体観覧ブームがこれを証明している。だが『鬼郷』は男映画だ。この映画は熱く告発するために女性の苦痛を受ける裸体をさまざまな映画言語を動員して何でもないように展示する。大義のためならば女性の体を刺激的に活用してもそれがどうしたと言わんばかりに行動する。これまで日帝蛮行の被害者である女性は、たとえ再現の結果であっても、改めて男性中心的な視線によって見世物に貶められる。私たちは歴史的悲劇に共感したのだろうか、さもなければ女性の苦痛を見物したのだろうか。

◆『軍艦島』-日本軍が女性の体に刻んだ入れ墨を露出

スクリーンの独占問題とあいまいな歴史観で論争となった『軍艦島』もまた男映画だ。日帝強占期の傷跡を女性の体で表象しているためだ。女性キャラクターの身体に彫られた、日本軍が無理やり入れた刺青がそれだ。民族の受難がイコール女性の受難と同じということだ。女性の体を歴史の画用紙レベルに扱うような感受性だ。

ジェンダー感受性に傍点をつけて男映画の特徴をざっと見てみたが、この他にも暴力的な描写は頻繁に登場する。より本質的なことは、男映画に対する私たちの態度だ。ジェンダー感受性だけで映画全体を評価するのは偏狭だという反論がある。そのようなアプローチがもううんざりだとする意見もかなりある。逆に聞いてみたい。本当に偏狭でうんざりするようなものは何か。それは進化したジェンダー感受性で男映画を批判する態度ではなく、退行的ジェンダー感受性をうんざりするくらい守ろうとする男映画そのものだ。女性搾取イメージに問題意識を感じることができない鈍感な感受性、鈍感でも格別支障のない構造、だから鈍感になりえる権力こそが真の問題だ。ジェンダー感受性を中心に置いて、今より熱く意見を戦わせなければならない。いまようやく始まったばかりだ。
韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画、いつまで女性を冒とくするつもりなのか(2)

    2017.09.05 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    映画『V.I.P』のワンシーン
    TOP