주요 기사 바로가기

愛犬の散歩道になった2014年仁川アジア大会メーンスタジアム、累積赤字63億ウォン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.24 09:34
0
「全世界の人たちのウインターフェスティバル」平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(2018年2月9~25日)の開幕が200日先に迫った。平昌オリンピックスタジアムと道路などインフラ建設も仕上げ段階だ。中央日報は2014年に仁川(インチョン)アジア大会を開催したスタジアムの赤字が雪だるま式に増えている現状を告発する一方、来年五輪を控えた江原道(カンウォンド)平昌と江陵(カンルン)の現地取材を通じてスタジアムを点検し、事後活用案を模索する3回にわたる企画シリーズをまとめた。

2014年9月19日、仁川市西区連喜洞(ヨンヒドン)の仁川アシアードメーンスタジアム。歌手PSYと韓流スターのキム・スヒョンらが参加する中で仁川アジア大会開幕式が華麗に繰り広げられた。45カ国から1万3000人の選手と6万人の観衆はこの日1日にわたり開幕式行事を楽しんだ。

◇メーンスタジアム内のウェディングホールや映画館もひっそり

2年10カ月が過ぎた2017年7月13日。仁川アシアードメーンスタジアムは閑静というより寒々しくさえあった。超大型駐車場は無料だががらんと空いていた。メーンスタジアム内のウェディングホール予約室のドアはロックされており、外壁に書かれた番号に電話をかけてもつながらなかった。スタジアム内の映画館には人影がまばらで、スタジアム近くのウォーターパークを訪れた人も10人ほどにすぎなかった。空っぽのメーンスタジアム周辺には子犬を連れて散歩する市民10人ほどだけが目に付いた。愛犬と散歩に出てきたキム・ウィゴンさん(54、仁川市西区)は、「平日にはスタジアム周辺に人がほとんどいない。スタジアムを作っておきながら活用できておらず残念だ」と話した。

メーンスタジアムは面積63万1975平方メートル、地上5階建て規模だ。アジア大会当時は開会式・閉会式と陸上競技が行われた。しかし建設費用だけで4700億ウォンがかかったメーンスタジアムはお金を浪費するだけの存在に転落した。

アジア大会以降にメーンスタジアムで行われたスポーツイベントは1件もない。スタジアム内に入ってみたところ、6万1818席あった座席は2万9465席に減っていた。商業施設誘致のため2015年5月に東側スタンドのうち可変席を撤去した。仁川市体育振興科のチャン・インソク主務官は、「2015年にメーンスタジアムでK-POPコンサートを開催し、昨年は駐車場で自動車チューニングフェスティバルを開いた」としながらも、「今年と来年は確定したスポーツイベントが1件もない」と伝えた。

仁川市は2007年にアジア大会を招致し経済効果が13兆ウォンを超えると主張した。だが仁川市がわずか16日間のスポーツイベントを終えた後に抱え込んだ借金は1兆ウォンを超える。仁川市がアジア大会のためにメーンスタジアムと江華(カンファ)コインドル体育館、南洞(ナムドン)アシアードラグビースタジアムなど16カ所のスタジアムを新たに建設し、投じた資金は1兆7224億ウォンに上った。スタジアム新築にかかった資金は結局深刻な財政負担として返ってきた。仁川市は国費27%を除いた1兆2523億ウォンを市の予算でまかなうために地方債の発行を乱発した。仁川市は2015年から2029年まで毎年100億~1500億ウォンの元利金を償還しなければならない。
愛犬の散歩道になった2014年仁川アジア大会メーンスタジアム䆁累積赤字63億ウォン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    愛犬の散歩道になった2014年仁川アジア大会メーンスタジアム、累積赤字63億ウォン(1)

    2017.07.24 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    2014年に仁川アジア大会を行った仁川アシアードメーンスタジアムが大きな負債を抱え苦労の種に転落した。4700億ウォンをかけて新たぶ建てた仁川アシアードメーンスタジアムはアジア大会が終わった後、ただの1度もスポーツイベントが開かれていない。
    TOP