주요 기사 바로가기

北朝鮮「核ミサイルの最終目標は米国本土」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.29 12:57
0
北朝鮮が「核とミサイル試験の最終目標は米国本土」と主張した。

北朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、「核戦争挑発で得るものは終局的滅亡だけ」という個人の論評を通じてこのように明らかにした。論評は「空母を無用にしてしまうのは問題でない」とし「威力ある核弾頭を搭載した我々の戦略ロケット(ミサイル)の最終目標は米国本土」と伝えた。同紙は「米国は今まで地理的な幸運のため自国を安息所と考えたはず」とし「しかしもう米国は我々の先制打撃手段の前に完全に露出している」と警告した。

続いて15日の太陽節の閲兵式に新型戦略武器が登場したと主張した。特に、米国本土への打撃が可能な3つの形態の大陸間弾道ミサイル(ICBM)があることを強調し、「このうち円筒形発射管に入ったまま閲兵式に登場した新型大陸間弾道ロケットは一度も公開されていない新しい種類」と説明した。一部では、これが北朝鮮が最近開発した「北極星」系列の新型固体燃料ミサイルという分析がある。

同紙はトランプ政権に向かって「トランプ政権は自国民の声をうわの空で聞いて自滅に向かっている」とし「これはスペインの作家セルバンテスが書いた長編小説の主人公ドン・キホーテを連想させる」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP