주요 기사 바로가기

「米国人の半分以上、北核阻止に向けた軍事行動に賛成」

ⓒ 中央日報日本語版2017.04.28 15:33
0
米国人の半分以上が北朝鮮の核開発を防ぐための軍事攻撃に踏み切る決定に賛成していることが明らかになった。

27日(現地時間)、米メディアのフォックスニュースは全国1009人を対象に行った世論調査の結果、回答者の53%は米国が北朝鮮のさらなる核開発を阻止するために武力を行使することに賛成していると答えたと報じた。反対の意見は39%にとどまった。

米国にとって当面の最も大きな脅威を尋ねた質問には、回答者の38%が北朝鮮を挙げ、最も多いことが分かった。引き続き、スンニー派急進武装勢力のイスラム国(IS、25%)、ロシア(18%)、中国(5%)、イラン(4%)の順だったとフォックスニュースは伝えた。

一方、26日に公開された米CBSの世論調査は、フォックスニュースの調査とは正反対だった。米国人の61%は軍事攻撃でなくても北核を阻止することができると答えた。軍事攻撃が必要だと答えた回答者は25%程度だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP