주요 기사 바로가기

韓国GM、9年ぶりに内需シェア10%達成に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.23 13:04
0
韓国ゼネラルモーターズ(GM)が9年ぶりに2桁のシェアを突破する勢いだ。「トラックス(Trax)」「スパーク(Spark)」「マリブ (Malibu)」の“3銃士”が打って出たからだ。

韓国GMは今年1~11月に自動車販売の内需シェアが9.9%となったと22日、明らかにした。特に、個別消費税引き下げの優遇措置が終了した7月以降、10%のシェアを超えて推移するなど「底力」を発揮している。先月は、1万7236台を販売して昨年同期(1万1446台)より販売量が50%増加した。2002年に会社が設立されて以来、11月の内需販売実績としては過去最大となった。韓国GMの関係者は「2007年の10.3%を最後にシェアが1桁にとどまっていた。このままいけば9年ぶりに目標の『年間シェア10%』の達成は難しくないとみている」と述べた。

特に、車級別で全般的に躍進を見せている。10月に車両チューニング(フェイスリフト)をして発売した「トラックス」は、小型スポーツユーティリティー車両(SUV)の市場で成果を出している。先月、2505台を販売し、1616台を販売した起亜自動車「ニロ(Niro)」をおさえた。昨年同月より販売が124.5%増えたからだ。シェアは22.5%となった。韓国GMの関係者は「仕様を大きく改善し、価格は最大125万ウォンまで引き下げたことから人気を得ている」と説明した。

昨年7月、フルモデルチェンジ(完全変更)して発売した軽自動車「スパーク」は今年に入って軽自動車販売1位になった。今年1~11月に7万956台を販売して軽自動車シェア45.5%を記録した。同期間6万6925台(シェア42.8%)を販売した起亜自動車「モーニング(Morning)」を追い抜いた。異変がない限り、今年の軽自動車販売1位が確定視されている。

中型車「マリブ」は先月、4149台を販売して該当車級でシェア22.2%を占めた。「マリブ」は、同期間に5907台(シェア31.6%)を販売した現代自動車の「ソナタ(Sonata)」、5300台(シェア28.4%)を販売したルノーサムスン自動車の「SM6」に次ぎ、3位となった。タクシーやレンタカーを除けば、中型ガソリン自動車を基準に販売1位となる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP