주요 기사 바로가기

「最も価値のあるCEO」ティム・クックCEO11位…韓国の1位は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.15 16:40
0
全世界の最高経営責任者(CEO)の中で収益と給与を比べた時、最も価値のあるCEO(best-value CEO)は誰だろうか。

13日(現地時間)、市場調査会社ブルームバーグが全世界の大手100社のCEOが3年間の年平均収益と最近の給与を比べて最も価値のあるCEOを格付けしたところ、1位は給与を受けずに働いているフォッシル(FOSSIL)グループのコスタ・カーツォティスCEOとユビキティ(Ubiquiti)ネットワークスのロバート・ペラCEOがそれぞれ共同1位を占めた。だが、カーツォティスCEOはフォッシル社の株式を2億ドル以上保有しており、ペラCEOはユビキティ社の持分のほぼ70%を持っている。

世界の時価総額1位のアップル社のティム・クックCEOは11位となった。最近、1028万1327ドル(約12億754万円)の給与を受け、過去3年間、アップルに年平均226億ドルの利益をもたらした結果だ。

ブルームバーグは「アップルのティム・クックCEOの給与約1000万ドルはわずかな金額ではないが、彼が過去3年間、年平均で稼いだ巨大な経済的利益に比べれば非常に格安」と指摘した。

時価総額2位のアルファベット社のラリー・ページCEOは最近、給与を1ドルだけ受けて3位に上った。給与の少ないCEOとして有名なウォーレン・バフェット氏も価値のあるCEOの6位に上った。彼の会社は過去3年間、年平均188億ドルを稼いだが、彼の最近の給与は47万ドルだ。

韓国では保険会社である東洋生命の具漢書(ク・ハンソ)CEOが21位となり、韓国で最上位にランクインした。具漢書CEOは、117万7664ドルを受け、会社に9億1100万ドルの収益をもたらした。アジアで最も価値のあるCEOでは、4位を占めた中国のキャリア最大手である中国移動通信(チャイナ・モバイル)の李躍(リー・ユー)CEOが選ばれた。李躍CEOは9万1497ドルを受け、51億8300万ドルの収益を上げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「最も価値のあるCEO」ティム・クックCEO11位…韓国の1位は?

    2016.12.15 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    東洋生命の具漢書CEO
    TOP