주요 기사 바로가기

【コラム】どんなタイムマシンに乗るのか=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.08 09:13
0
もしかしたらいま明らかになって幸いだったかもしれない。未遂に終わった行為が現実化していたとしたら、大韓民国と国民の不幸はどれほど深くなっていただろうか。考えるだけでおぞましい。だが、偉大な国民は「全宇宙の気」をかき集め、ついに「極端的非正常の正常化」を実現した。弾劾可決の成否とは関係なく、朴槿恵(パク・クネ)時代はすでに終わった。少なくとも新たな未来を描く一度の機会を国民自らが作り出した。

国民の最低限の要求は、少なくとも70年代からは抜け出そうということだ。どうせなら21世紀にふさわしいリーダーシップとシステムにアップデートされれば良いが。もちろん容易ではない。すべての政治体制は時代を先んじることができない。せいぜい時代との間隙を最小限に狭めることができるだけだ。当時もう小国ではなかったローマ共和政が帝政に移行するまでに少なくとも60年近い時間が必要だった。古代ギリシャの民主主義は王政と寡頭政、僭主政を経てようやく数百年後に整えられた。

SF映画にはタイムマシンがたびたび登場する。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から『インターステラー』に至るまで。物理学は理論的には時間旅行は可能だが現実的には不可能に近いとしている。だが、2016年12月の大韓民国ではそれが可能だ。70年代に後退したシステムを現在と近い時期までアップデートする機会が開かれた。無限大にあふれ出た国民のエネルギーはそれを現実化するタイムマシンを欲している。その要求に応じることのできる性能の良いタイムマシンを作る者は果たして誰だろうか。その答えは分からないが、はっきりしていることが一つある。自身が持つ浅い知識と技術を捨て、国民の要求を最も忠実に反映する人物であるという点だ。近い将来、各政党と大統領選候補が「大韓民国を21世紀に復旧させるタイムマシン」を国民の前に出すだろう。広場を熱くした熱気が偽物あるいは不良タイムマシンを見分ける冷静な集団知性に昇華していくことを祈る。

ナ・ヒョンチョル/論説委員


【コラム】どんなタイムマシンに乗るのか=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP