주요 기사 바로가기

【コラム】新身分制に向かう韓国社会(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.08.01 09:05
0
ナ・ヒャンウク前教育部政策企画官の罷免が22日の大統領の「罷免人事発令」を通じて確定した。一方で寂しい感じもある。ナ氏は先月7日、記者らとの夕食の席でした問題発言の最初の一言は「私は身分制を強化しなければいけないと考える」だった。京郷新聞の最初の報道記事を見ると、あきれた記者は「身分制を強化しなければいけないですって」と問い直し、別途にかっこの中に「みんな冗談だと思って笑った」という説明まで付けた。

もしナ氏が自身を破滅に導いた発言の代わりに「我々の社会に身分制がよみがえっているという感じ」とか「事実上の身分制が強まる兆しが見える」という言葉を述べた後、その診断の適正性と今後の対応について記者と一度討論でもすればどうだっただろうか。ナ氏の発言に全国民が怒ったのは、認識自体の問題と、教育部高位職という職責と認識の間の大きなかい離のためだ。しかし別の側面では多くの人が意識的であれ無意識的であれ感じていた韓国社会の痛い『急所』を犬・豚という激しい例えを引用しながら突いたため、より大きな怒りを招いたという解釈も可能だ。

「身分制がよみがえっているという感じ」という程度の問題意識は、最近流行している『金のスプーン論』をあえて取り上げなくても多くの人々が持っている。パク・ナムギ光州教育大教授は先月24、25日、大邱広域市教育研修院で開かれた韓国教育学会年次学術大会で、「大学教育の現実と教育学の課題:実力主義社会に対する神話の解体」というテーマで発表し、次のように述べた。「その間、政府と社会が学閥打破を通じた能力(実力)中心社会の実現のためにさまざまな努力をしてきたにもかかわらず、その目標が達成されるどころか、親の背景がより重く作用する社会、すなわち世襲社会的な特性がさらに強く表れている。韓国社会の姿を見ると、学閥打破を通じた実力主義社会の実現を主張しながら、実際には新世襲社会を構築していきつつあるのではという疑問に感じるほどだ」。 (中央SUNDAY第490号)
【コラム】新身分制に向かう韓国社会(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP