주요 기사 바로가기

中国軍艦が尖閣接続水域に…日本、夜中2時に中国大使呼んで抗議(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.10 09:33
0
中国はこの日、自国軍艦の航行は合法的な行為だと強調した。中国国防省報道局は日本メディアの報道に対する立場を尋ねる質問に対し、「釣魚島と付属島嶼は中国固有の領土だ。中国の軍艦が自国の管轄海域を航行することは合法であり、他国がとやかくいう権利はない」と明らかにした。

一部の中国メディアは中露軍艦の航行に対し、尖閣に対する中露の共同軍事訓練の可能性があると報道していると、日本の時事通信は伝えた。

しかしNHKはインターネット版でロシア軍事専門家の言葉を引用し、「中国海軍の艦艇がロシア艦艇を警戒・監視する中で接続水域に入ったようだ」とし「少なくとも中露が共に軍事作戦や訓練をすることはないと思われる」と伝えた。

匿名を求めたこの専門家は、ロシア艦艇3隻はロシア海軍太平洋艦隊所属であり、3月末に極東のウラジオストク港を出発し、4月にインドネシア・スマトラ沖で軍事訓練をした後、ブルネイに寄港し、その帰途に尖閣海域を航行する可能性があると述べた。
中国軍艦が尖閣接続水域に…日本、夜中2時に中国大使呼んで抗議(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP