주요 기사 바로가기

人工知能企業のM&A、サムスンがいつのまにか世界ビッグ4に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.01 15:54
0
サムスンが人工知能(AI)の領域を拡大させている。次世代産業と考えられている自動運転車やモノのインターネット(IoT)、ヘルスケア、スマートホームなどの分野でAIが核心的な役割を果たす以上、投資を遅らせてはダメだとの判断からだ。

31日、米国の調査機関「CB Insights」によると、サムスンは世界AI企業M&A(企業の合併・買収)のビッグ4に浮上した。サムスンの新技術部門の投資を担当しているサムスンベンチャー投資は過去5年間、世界で4番目に多くの資金をAIスタートアップに投入した。すでに伝えられているVicarious、JIBO、Kngine以外にもIdibon、Maluubaなど、最近AI部門で脚光を浴びているスタートアップ企業に投資をしている。IdibonやExpect Labs、Reactor Labsなどは人の言語やグラフのような非定型データを分析する技術を有している。Automated InsightsやMaluubaなどはAIを活用した資料整理・個人秘書サービスなどを提供する。CB Insightsは、サムスンの具体的な投資件数や金額は明らかにしはしなかったものの、10社以上のスタートアップに数億ドルを使ったと推定される。

一方で自主的な技術確保にも力を入れている。韓国特許庁が2006年~2015年にAI関連の特許現況を分析した結果によると、サムスン電子が特許出願163件で1位だ。

サムスンがこのような投資を通じて焦点を合わせている分野は「インテリジェント・パーソナル・アシスタント(IPA)」だ。一種のデジタル個人秘書サービスで、人間の言葉を認識することはもちろん、ユーザーが欲しいものを自ら探して勧める段階まで発展させる計画だ。
人工知能企業のM&A、サムスンがいつのまにか世界ビッグ4に(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP