주요 기사 바로가기

北朝鮮の警備艇、西海NLL侵犯…艦砲5発の警告射撃で退却

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.08 12:06
0
北朝鮮の警備艇1隻が8日午前、西海(ソヘ、黄海)の北方限界線(NLL)を越えてきて韓国海軍の警告射撃を受け退却した。

合同参謀本部の関係者は「8日午前6時55分ごろ、西海の小青島(ソチョンド)近くの海上で北朝鮮の警備艇1隻が韓国軍の数回にわたる警告通信にもかかわらず西海北方限界線を侵犯した」として「韓国軍は76ミリ艦砲5発で警告射撃を実施した」と話した。

警告射撃は警告放送に続く措置で、北朝鮮の艦艇が認識するよう付近に艦砲が落ちるように射撃する措置だ。

警告射撃を受けた北朝鮮艦艇は午前7時15分ごろに退却した。

軍当局は、前日(7日)に北朝鮮が長距離ロケットを発射したのに続き西海のNLLを侵犯したことに関連して監視を強化している。軍関係者は「韓国軍はNLL付近の監視を強化した中で、北朝鮮軍の動向を鋭意注視しながら万全の対備態勢をとっている」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP