주요 기사 바로가기

韓国軍、NLL侵犯の中国船に初めて射撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.09 08:04
0
中国の漁業取締船が西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)を越え、韓国海軍が警告射撃をした。軍がNLLを侵犯した中国船に射撃して退却させたのは初めて。

軍の関係者は8日、「今日午後2時46分、ペクリョン島東側の海上で中国の漁業取締船1隻がNLLを1ノーティカルマイル(約1.8キロ)侵犯し、韓国の海軍高速艇が警告射撃をした」とし「中国の取締船は午後3時8分ごろ、NLL西北側に戻った」と伝えた。この関係者は「軍は当初、この船を北の取締船だと判断し、6回の警告通信と10発の警告射撃をした」とし「この取締船は同じ方向に高速機動するなど一般漁船とは明確に異なり、北の取締船のように見えた」と説明した。

政府当局者は「確認した結果、この船は中国漁船団が自主的に運営する中国の取締船だった」とし「中国漁船取締船が西海NLL海域に現れたのは極めて異例」と述べた。ペクリョン島近隣海域では最近、カニ漁の時期が過ぎ、操業中の中国漁船の数も減ったと、政府当局者は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP