주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国Kリーグ選手の平均年俸は?

ⓒ 中央日報日本語版2015.12.24 15:39
0
韓国プロサッカー連盟が24日、Kリーグの年俸現況を発表した。

今年、韓国プロサッカーKリーグクラシックでプレーした国内選手は1人あたり平均1億5000万ウォン(約1500万円)近い年俸を受けたことが分かった。

国内選手のうち年俸が最も高い選手は全北現代のストライカー李東国(イ・ドングク、11億1256万ウォン)で、外国選手では全北のレオナルド(12億9634万ウォン)が年俸王だった。

この資料によると、12月7日現在の登録選手基準でKリーグクラシック12球団全体の国内選手の年俸総額は539億8000万ウォンで、1人あたりの平均は1億4840万9000ウォンだった。

最多年俸の国内選手は昨年に続いて李東国で、蔚山現代のストライカー金信旭(キム・シンウク、10億5370万ウォン)が2位だった。水原サムスンのGK鄭成竜(チョン・ソンリョン、7億5800万ウォン)と浦項スティーラースの申和容(シン・ファヨン、6億5800万ウォン)、全北の崔チョル淳(チェ・チョルスン、6億3710万ウォン)が後に続いた。

外国選手の1人あたりの平均年俸は3億7057万ウォンだった。昨年年俸2位だったレオナルドが1位に浮上し、昨年1位のFCソウルのモリナ(12億5750ウォン)は2位に落ちた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP