주요 기사 바로가기

「組織よりまずは個人を」 日本の指導者が韓国サッカーに苦言

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.30 11:34
0
「組織力より個人技が先だ」。斉藤直幸V・ファーレン長崎U-18(18歳以下)監督の言葉だ。

斉藤監督は27日から29日まで浦項(ポハン)と木浦(モクポ)で開催された2014韓日U-18ストーブリーグに長崎を率いて参加した。

長崎は28日、2014シーズンKリーグジュニアチャンピオンのクムホ高を木浦で5-0で降す圧倒的な戦力を見せた。光州FCユースのクムホ高は2014シーズンKリーグジュニア(プロ傘下チームリーグ)で15勝2敗3分け(勝ち点48)をマークし、全南ドラゴンズ(光陽製鉄高、勝ち点45)、浦項スティーラース(浦項製鉄高、勝ち点41)を抑えて優勝したチームだ。

ストーブリーグの所感を尋ねると、斉藤監督は韓国サッカーの弱点を正確に指摘した。斉藤監督は「韓国はチーム中心の戦術と練習が多いようだ」と語った。韓国は大学進学などの問題でユース時期から勝利のためにチームを優先して考えるプレーを強調する。斉藤監督はこれを指摘したのだ。

斉藤監督は「指導者になった後、最初の目標が選手一人一人のレベル向上だった」とし「個人の目標を達成することが最初の目標だ。私の練習方法の第一は個人技で、その次が組織力」と語った。続いて「個人の能力を優先し、その後に組織力を整えればよい」と助言した。

ストーブリーグ期間に日本を相手にした韓国選手も「技術」に驚きを表した。浦項製鉄高のキム・ドンヒョン選手は「日本の選手は体が小さい。しかし試合になれば身体条件の限界を優れた個人技でカバーしていた」とし「11人とも技術レベルが高く、熱心にするのを感じた。韓日戦は技術や精神で学ぶ点が多い」と語った。

一方、今回のストーブリーグには浦項製鉄高を含め、ヨンウン高、忠南機械工高、クムホ高、ヨンセン高、ヒョンプン高などが参加した。セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、長崎のU-18チーム、大津高、駒沢大学付属高が日本を代表して参加した。

大会を主催したチェ・ジョンファンHM SPORTS代表は「韓日ストーブリーグは両国で成績が良い高校だけが参加し、レベルの高い大会と認識されている」とし「参加チームのミーティングを通じて両国のベスト6チームだけを招待し、大会のレベルをさらに高める方針」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「組織よりまずは個人を」 日本の指導者が韓国サッカーに苦言

    2014.12.30 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    斉藤直幸V・ファーレン長崎U-18監督(写真=HM SPORTS提供)
    TOP